日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › アニメ更新終了 › 獣の奏者エリン › 獣の奏者エリン #47
2009-12-05 (Sat) 19:53

獣の奏者エリン #47

清めの儀式を行うセィミヤの前に、エリンが真実を伝えに現れるお話でした。

タハイ・アゼでの決戦が近づく中、セィミヤとダミヤの婚礼も近づいていました。しかし、そんなセィミヤの心には、いまだにシュナンのことがひっかかっているようです。
そんな時、セィミヤの清めの儀式が行われました。そこへ王獣に乗ったエリンが現れて、ダミヤから伝えられなかった真実をセィミヤに告げたのでした。愛する伯父であるダミヤの本当の姿を知って衝撃を受けるセィミヤでしたが、エリンの言葉を聞いて、タハイ・アゼでの戦いではエリンに全てを委ねることを約束するのでした。

相変わらずナソンは、エリンのことを見守っていたんですね。(^^;
ナソンはエリンに自分と共に逃げることを勧めますが、それはエリンに突っぱねられました。大罪という言葉でエリンを従わせようとするナソンに、エリンはただ見守ることしかせず、掟で心を縛ることの愚かさを語ったのでした。
飼い犬ならぬ飼い王獣に手を噛まれたエリンですが^^;、人と獣の理想的な関係についての希望は失ってなかったんですね。そして王獣と人の間には、決して越えられぬ溝があることを知りながらも、それでも理想のために生きようとするエリンは本当に強いなあと思いました。

エリンとセィミヤの出会いも神の意志と考えようとするセィミヤに、エリンはあくまで人としての意志でセィミヤに向かい合いました。そしてエリンと出会ったことで、セィミヤもようやく自分の置かれている立場に気がつきました。王獣が檻に入れられているように、真王という存在も王宮という檻に入れられた存在なのだとセィミヤはようやく気がついたのでした。

いよいよ物語もクライマックスです。ダミヤがこのまま黙っているとも思えませんし、この先エリンたちにどんな運命が待っているのかとても気になります。

最終更新日 : -0001-11-30

* by 浮島
こんばんは♪
前回はエリンとイアル、今回はエリンとセィミヤのお話でしたね。登場人物が少ないだけにとっても丁寧に描かれている印象です。

ナソンとの会話もセィミヤとの会話も、エリンの一言一言には本当に強さを感じました。小さい頃から頭のいい子でしたが、何だかもう手の届かないところへと駆け上がっていってしまったような気持ちになります。

一筋縄ではいかない問題にエリンがどう行動するのか、毎回気になっては感心していました。クライマックスはどうなるんでしょうね。ここまで来ると本当に目が離せません! 

そういえば先週はエリンとイアルらしい一夜の出来事でしたね。(何だかいやらしいですが…) 戦いばかりだったイアルが、エリンによって救われるといいなぁ…なんて思ってしまいます。

それにしてもダミヤは油断なりません! あんなに黒い策士だったというのに、優しいしゃべり方を聞くと負けそうです(笑)。 ま、セィミヤは騙されないんでしょうけどね。

* by 横溝ルパン
こんばんは。いつもお世話になります。

前回のエリンとイアルのエピソード、そして今回のエリンとセィミヤのエピソード、どちらも見応えがありましたね。(^^)

今回のナソンとの会話では、エリンの成長と強さを感じさせられましたね。ナソンから聞いた大罪についても、ただそのまま受け入れるのではなく、自分の中できちんと消化して、それでも自分はこうしたいという結論を出しているのが凄いですよね。
もし私がエリンと同じ立場に立たされたら、何も考えずにただ大罪を犯さないことだけしかできなかっただろうなあと思いました。

エリンとイアルの関係も、前回で急進展したので、これから先どうなってゆくのか楽しみですよね。お互いに相手のことは意識していると思うのですが、2人きりになっても節度ある態度を守り続けるのがエリンとイアルらしいですよね。
私もイアルは、エリンに救われてくれるといいなあと思います。(^^)

そして、ダミヤは本当に黒いですよね。でもセィミヤの前でのあの優しい話しぶりは、さすがに中の人が石田さんだけあって破壊力がありますよね。(笑)

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

こんばんは♪
前回はエリンとイアル、今回はエリンとセィミヤのお話でしたね。登場人物が少ないだけにとっても丁寧に描かれている印象です。

ナソンとの会話もセィミヤとの会話も、エリンの一言一言には本当に強さを感じました。小さい頃から頭のいい子でしたが、何だかもう手の届かないところへと駆け上がっていってしまったような気持ちになります。

一筋縄ではいかない問題にエリンがどう行動するのか、毎回気になっては感心していました。クライマックスはどうなるんでしょうね。ここまで来ると本当に目が離せません! 

そういえば先週はエリンとイアルらしい一夜の出来事でしたね。(何だかいやらしいですが…) 戦いばかりだったイアルが、エリンによって救われるといいなぁ…なんて思ってしまいます。

それにしてもダミヤは油断なりません! あんなに黒い策士だったというのに、優しいしゃべり方を聞くと負けそうです(笑)。 ま、セィミヤは騙されないんでしょうけどね。
2009-12-05-22:39浮島 [ 返信 * 編集 ]

こんばんは。いつもお世話になります。

前回のエリンとイアルのエピソード、そして今回のエリンとセィミヤのエピソード、どちらも見応えがありましたね。(^^)

今回のナソンとの会話では、エリンの成長と強さを感じさせられましたね。ナソンから聞いた大罪についても、ただそのまま受け入れるのではなく、自分の中できちんと消化して、それでも自分はこうしたいという結論を出しているのが凄いですよね。
もし私がエリンと同じ立場に立たされたら、何も考えずにただ大罪を犯さないことだけしかできなかっただろうなあと思いました。

エリンとイアルの関係も、前回で急進展したので、これから先どうなってゆくのか楽しみですよね。お互いに相手のことは意識していると思うのですが、2人きりになっても節度ある態度を守り続けるのがエリンとイアルらしいですよね。
私もイアルは、エリンに救われてくれるといいなあと思います。(^^)

そして、ダミヤは本当に黒いですよね。でもセィミヤの前でのあの優しい話しぶりは、さすがに中の人が石田さんだけあって破壊力がありますよね。(笑)
2009-12-06-00:03横溝ルパン [ 返信 * 編集 ]

Trackback


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
獣の奏者 エリン #47
「清らかな夜」 セイミヤ様の苦悩。か。 真王としてなのかセイミヤとしてなのか。 久しぶりな二人。 惑わしてるくせに(笑) 甘やかしてくれる相手。かな。 迎えがくるくらいヤバイのですね。。 見守るのも辛いのに。 新しい風を吹き込む子。かな。 リランでどこふ?... …
2009/12/12 00:27 朔夜の桜
獣の奏者エリン 第47話
雪の夜の対面。 真王が身を清めるための儀式は、真王家以外は最小限の人間しか関われません。この機会にエリンがセィミヤと話そうとするの... …
2009/12/08 23:18 軒下倉庫
コンタクト!
{/hiyoko_cloud/}ダミヤの方こそ、心を清めろよと思ったり☆ 『獣の奏者 エリン』 第47話 清らかな夜 さて、これから婚礼の為(ですよね?) 禊(みそぎ)を受けようというのに、 シュナンの事を考えているセィミヤ・・ セィミヤの憂いにダミヤは気づいているみ?... …
2009/12/08 16:33 マイ・シークレット・ガーデン
道を示される。
#47「清らかな夜」 …
2009/12/06 12:52 還山捫虱堂
獣の奏者 エリン 第47話「清らかな夜」の感想。
獣の奏者 エリン 第47話 「清らかな夜」 評価: ── その自由を与えよう、私には選びようのない自由を・・・ 脚本 ... …
2009/12/06 00:56 いーじすの前途洋洋。
『獣の奏者エリン』第47話『清らかな夜』
次回予告に全て持って行かれました。 …
2009/12/05 21:03 なまけもののひとりごと
獣の奏者エリン 第47話 「清らかな夜」 【感想】
真王としての自分の振る舞いに自信が持てず、シュナンから受けた厳しい言葉の数々に強い不安を感じているセィミヤ…。いつも傍で微笑んでい... …
2009/12/05 20:40 満天の星空の下で
獣の奏者エリン 第47話 清らかな夜
 セィミヤとエリンの会見。真実を知った彼女は…… …
2009/12/05 20:25 つれづれ
獣の奏者エリン 第47話「清らかな夜」
惜しい。もう少し気の利いた角度だったら、湯浴み着の下のセィミヤ様が拝めたのにねぇ・・・・・・とまぁ、厳粛なシーンそんな事を考えてしまった自分が嫌になる?w …
2009/12/05 20:00 よう来なさった!
獣の奏者 エリン #47
【清らかな夜】 獣の奏者 エリン 第6巻 [DVD]出演:星井七瀬販売元:アリオラジャパン発売日:2010-01-13クチコミを見る ダミヤさんピーンチΣ( ̄ロ ̄;)  …
2009/12/05 19:56 桜詩~SAKURAUTA~
「獣の奏者エリン」第47話
   第47話「清らかな夜」タハイ・アゼでの決戦が迫る中、ダミヤとの結婚こそがリョザを清らかな国に導く手段だと信じ、禊の森へと赴く真王セィミヤ。しかし、シュナンの存在が頭から離れない。シュナンは自分を愛するからではなく、国のために結婚しようとしているの... …
2009/12/05 19:55 日々“是”精進!