時々の記録

コンピュータとアニメ感想etc.のブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › 読書 › 栗本 薫 › カレーヌの邂逅/栗本 薫
2009-11-14 (Sat) 15:12

カレーヌの邂逅/栗本 薫

カレーヌの邂逅―グイン・サーガ(42) (ハヤカワ文庫JA)グイン・サーガ第42巻、「カレーヌの邂逅」を読み終えました。

グインの後を追って、マリウスはエルザイムへ向かう旧街道を旅しています。そんなマリウスは、タラムという寂れた村までやって来ました。その近辺では、先のケイロニア-ユラニア戦役で闇の司祭ダルシウスが召喚したゾンビーの生き残りが跋扈しているようです。
そこで異常な雰囲気を持った村人たちと出会ったマリウスでしたが、薬売りをしているレイヨウ婆と知り合って彼女の家へ泊めてもらうことになりました。

なんとこのタラムの村では、村人たちがくじ引きをしてゾンビーの犠牲者を決定しているようです。
ゾンビーが現れるようになって村人の多くは逃げ出しましたが、残った村人たちはゾンビーに生け贄を差し出せば難を逃れることができると考えているようです。
そんな中、夜中にゾンビーが現れました。レイヨウ婆のところに泊まったマリウスでしたが、好奇心に耐えられずに、その様子を窓から盗み見たのでした。

その頃グインは、モンゴールとクムの連合軍との会談を行おうとしていました。様々なことを考慮した結果、会談場所として選ばれたのはカレーヌという小さな村でした。その地で、グインとイシュトヴァーンはサイロンでのあの別れ以来久しぶりに顔を合わせることになりました。

しかし、軍議の席でイシュトヴァーンは口を開こうとしません。そればかりか、席を立って軍議を中断させてしまいました。そんなイシュトヴァーンの前にグインが現れて、サイロンでイシュトヴァーンの願いに応えられなかったことを土下座して詫びたのでした。
そんなグインの姿を見て、ようやくイシュトヴァーンは久々にかっての紅の傭兵と呼ばれた頃の明るい表情を見せました。

その夜、軍議が終わった後、グインとイシュトヴァーンは一緒に酒を酌み交わすことになりました。
スタフォロス砦で2人が出会い、様々な冒険を重ねて、そして袂を分かつことになり、そして今2人はこうして再び顔を合わせています。
腹蔵なく話したいというイシュトヴァーンに、グインはカメロンと同じように、アリの危険さを説くのでした。しかし、グインの前にいたのは、以前と同じようでやはり違うイシュトヴァーンでした。

その頃、マリウスは泊めてもらったレイヨウ婆の家で不思議な光景を目にしていました。ゾンビーたちだけでなく、この世界とは違う別の世界の光景を見たのでした。それを見ているうちに、マリウスは気を失ってしまったようです。
翌朝、マリウスはエルザイムを目指すために峠を越えようとしていました。レイヨウ婆からゾンビー避けの薬草やまじない品をたくさんもらって出発したマリウスでしたが、日が暮れようという時に荷物を積んだ馬が恐怖に耐えかねてマリウスの元から逃げ出してしまいました。

そんなマリウスの前に現れたのは、なんと闇の司祭グラチウスでした。なんとレイヨウ婆の正体は、この闇の司祭グラチウスだったようです。グインを目指す旅の途中でとんでもない相手と出会ってしまったマリウスは、無事にグインと再会することができるのでしょうか!?

最終更新日 : 2022-10-30

Comment