日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › アニメ更新終了 › 獣の奏者エリン › 獣の奏者エリン #32
2009-08-22 (Sat) 19:12

獣の奏者エリン #32

エリンを背に乗せて、リランが空を飛びました。そんなエリンの前に、ずっと彼女を見守ってきた霧の民のナソンが姿を現すのでした。

リランに乗って空高く舞い上がったエリン、そんなエリンに地上から合図を送る者がいました。それは、ソヨンの死以来、ずっとエリンを見守ってきたナソンだったのでした。独自の方法で王獣を操ることができるようになったエリンに、ナソンは"大罪"について教えるのでした。

それは、リョザ神王国の建国の歴史でもありました。かってアフォン・ノアの彼方にオファロンと呼ばれる王国がありました。豊かなその国を狙って、周囲の国々がオファロンを襲ってきます。それに対抗するために、オファロンは緑の目の民=霧の民から闘蛇を操る技を教わり、圧倒的な力を手に入れました。

しかし、やがてオファロン王は、その力を背景に自分に従わない者を捕らえるようになったのでした。そんな時、王に霧の民の存在を教えた兵が反乱を起こしました。オファロン王は国を追われて、遙か北方の国まで追い詰められたのでした。

そんなオファロン王は、王獣を従えた1人の少女に助けられました。彼女たちの民は、雪に閉ざされた貧しい暮らしの中で生き抜くために、王獣を従えるすべを身につけたのでした。
オファロン王は、その王獣の力を使って、オファロンの闘蛇を屈服させて、少女たちの民に豊かな暮らしを与えようとします。

しかし、少女たちが王獣と共にオファロンに現れた時、悲劇は起こりました。数多くの闘蛇を殺して血に狂った王獣たちは、少女たちの命令を無視して暴れ始めたのです。それが原因で、とうとうオファロンはこの地上から姿を消してしまったのでした。
そんな少女が、やがて興した国、それが現在のリョザ神王国だったのでした。王獣を操ったその少女こそ、リョザ神王国の開祖と呼ばれるジェだったのでした。

そのような悲劇があって以来、霧の民は自らの獣を操る技を封印しました。そして、再び世界に獣を操るものが現れないように監視することになったのです。
今のエリンは、独力でその掟を越えてしまいました。そんなエリンに、ナソンはリランを空に飛ばさずに育てるように警告しました。しかしエリンは、王獣が本来の能力のままに人と一緒に生きられないことに反発するのでした。

今回は、とうとう霧の民の目的が明らかになりました。しかし、それを知ってなお、エリンは新しい人間と王獣とのあり方を模索するつもりのようです。このエリンの行動がきっかけで、新たな悲劇が引き起こされないといいのですが・・・。

最終更新日 : -0001-11-30

* by 五遷・主簿
コメントです。
>オファロン王は、その王獣の力を使って、オファロンの闘蛇を屈服させて、少女たちの民に豊かな暮らしを与えようとします。

 この王って反省できていない。征服すれば豊かさが拡がるルートに頼りっきりですね。それにしてもまたfc2に届かなくなってしまいました(涙)。

* by 横溝ルパン
こんにちは。コメントありがとうございます。

オファロン王は、自分が間違っていたから国を追われたとは全く考えなかったようですね。結果的にそれが、より多くの悲劇を引き起こしてしまいましたね。あそこでオファロン王にそそのかされなかったら、ジェたちは貧しくとも幸せに暮らしていたかもしれないのに・・・。

FC2、相変わらず気まぐれなようですね。(^^; お手数おかけしてすみません。

* by ミント
再放送で「繁殖期の闘蛇には何が
毒になるかいわなかったのじゃな」
と言うシーンありました。
ソヨンは過失でなく、故意にしなせたと?
「霧の民の心は忘れていなかったと」言う
セリフ・・・
闘蛇の大量死は実は・・・

* by 横溝ルパン
こんにちは。コメントありがとうございます。

ソヨンは繁殖期の闘蛇には、何かが毒になることを知っていたんですね!
ずっとソヨンの死は、誰かのミスの肩代わりか事故による闘蛇の大量死が原因だと思っていたのですが、霧の民の掟を守ってソヨンは闘蛇が死ぬことを知りつつ何もしなかったのかもしれないのでしょうか!?
いろいろと謎が明らかになってきたこの作品ですが、まだまだ謎が多いですね。

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

コメントです。
>オファロン王は、その王獣の力を使って、オファロンの闘蛇を屈服させて、少女たちの民に豊かな暮らしを与えようとします。

 この王って反省できていない。征服すれば豊かさが拡がるルートに頼りっきりですね。それにしてもまたfc2に届かなくなってしまいました(涙)。
2009-08-22-23:44五遷・主簿 [ 返信 * 編集 ]

こんにちは。コメントありがとうございます。

オファロン王は、自分が間違っていたから国を追われたとは全く考えなかったようですね。結果的にそれが、より多くの悲劇を引き起こしてしまいましたね。あそこでオファロン王にそそのかされなかったら、ジェたちは貧しくとも幸せに暮らしていたかもしれないのに・・・。

FC2、相変わらず気まぐれなようですね。(^^; お手数おかけしてすみません。
2009-08-23-01:27横溝ルパン [ 返信 * 編集 ]

再放送で「繁殖期の闘蛇には何が
毒になるかいわなかったのじゃな」
と言うシーンありました。
ソヨンは過失でなく、故意にしなせたと?
「霧の民の心は忘れていなかったと」言う
セリフ・・・
闘蛇の大量死は実は・・・
2009-08-30-14:30 ミント [ 返信 * 編集 ]

こんにちは。コメントありがとうございます。

ソヨンは繁殖期の闘蛇には、何かが毒になることを知っていたんですね!
ずっとソヨンの死は、誰かのミスの肩代わりか事故による闘蛇の大量死が原因だと思っていたのですが、霧の民の掟を守ってソヨンは闘蛇が死ぬことを知りつつ何もしなかったのかもしれないのでしょうか!?
いろいろと謎が明らかになってきたこの作品ですが、まだまだ謎が多いですね。
2009-08-30-18:43横溝ルパン [ 返信 * 編集 ]

Trackback


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
獣の奏者 エリン #32
「大罪」 見つかるとヤバイよ。と。 あぁ歳をとりましたね。 元婚約者の娘。。 新たな技を編み出した。すごいな。 じっくり聞きたい話です。 食べる?弱肉強食なんだ。 幸せの感覚が違うのですね。 不器用さん。 それが分裂した今の状態の発端。か。 気の長い。。 ?... …
2009/08/29 23:32 朔夜の桜
獣の奏者エリン 第32話
戒めの伝承。 今回はエリンにまつわる話ではなく、霧の民に伝わる過去のお話。でもこの昔話に出てくるジェという人は、どこか今のエリンを... …
2009/08/28 00:05 軒下倉庫
神の戒めか
{/hiyoko_thunder/}エリンを乗せて飛び続けるリラン。 エリンの指示で、雪降る森の中に降り立ちます。 するとそこには、エリンと同じ緑の瞳の男が待っていました・・ 『獣の奏者 エリン』 第32話 大罪 その男はかつて、母の許婚だったナソン。 彼はずっとずっとエ... …
2009/08/23 00:57 マイ・シークレット・ガーデン
獣の奏者 エリン #32
【大罪】 私飛んでる!? エリンを背に乗せ大空を舞うリラン。 上空の寒さに震えるエリンの耳に指笛の音が響く。 眼下にたたずむ灰色の人影・・・。 地面に降り立ったエリンを迎えたのは霧の民・ナソンさんですね♪ 竪琴で王獣と言葉を交わす事は大罪であると・・... …
2009/08/23 00:28 桜詩~SAKURAUTA~
獣の奏者エリン 第32話 大罪
 突然ナソンが出てきたと思ったら、いきなり物語の核心に触れるような話をしてきてちょっと驚きました。滅多に出ないので、もう存在を忘れかけていましたが、ずっとエリンを見てきたのですね。 …
2009/08/22 21:37 つれづれ
獣の奏者エリン 第32話 「大罪」 【感想】
エリンを乗せてリランが向かった先に待ち構えていたのは霧の民のナソン。彼が話し始めたのはアフォン・ノアの向こうに栄えた王国・オファロ... …
2009/08/22 21:33 満天の星空の下で
【神回】獣の奏者 エリン 第32話「大罪」の感想。
獣の奏者 エリン 第32話 「大罪」 評価: ── 災いを絶つために、君とこの王獣を殺すべきなのかもしれない 脚本 ... …
2009/08/22 21:23 いーじすの前途洋洋。
獣の奏者エリン 第32話「大罪」
すべての元凶はこいつでした。 オファロン王 そそのかされた人、ジェ… 学習しない困ったちゃん、オファロン王。 力の支配ではダメだということに最後まで気づかないところが。 欲を出したばっかりに2人とも破滅の道へまっしぐら。こわいなあ。 ジェは元... …
2009/08/22 21:13 のらりんクロッキー
獣の奏者エリン 第32話「大罪」
落ちぶれたオファロン王がなにやら綺麗事のような事を語っていたけれど、謀反されてもなお、その行いが正しい事だったのか少しも疑わない自尊心の高さは非常に怖い者がありますね。 …
2009/08/22 20:19 よう来なさった!
「獣の奏者エリン」第32話
  第32話「大罪」エリンを背に乗せ大空を舞うリラン。上空の寒さに震えるエリンの耳に、かすかな指笛の音が響く。眼下にたたずむ灰色の人影。地面に降り立ったエリンを迎えたのは、霧の民のナソンだった。竪琴で王獣と言葉を交わすことは大罪であると言うナソン。母・... …
2009/08/22 20:05 日々“是”精進!