日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › アニメ更新終了 › 真マジンガー 衝撃!Z編 › 真マジンガー 衝撃!Z編 on television #15
2009-07-12 (Sun) 00:01

真マジンガー 衝撃!Z編 on television #15

ローレライ編も、ついに今回で完結です。

お話の展開的には、最初から見え見えだったエピソードですが、最後のマジンガーとローレライα1の戦いは盛り上がりましたね。(^^)

今回は前半の展開が今ひとつわからなかったのですが、錦織つばさたちの前に現れた兜剣造は、結局ガミアの中に仕込まれていたプログラムだったということでいいのかな!?

シュトロハイムが生み出そうとしていたロボット。それは自ら感情を持って、考えることのできるロボットでした。マジンガーのように、人間がロボットを操縦する方式では、どうしてもロボットの動作にワンテンポの遅れが生じます。しかし、ロボット自らが自らの意志で動くことができれば、タイムラグはゼロになる。
それがシュトロハイムの考える理想のロボットだったのでした。

しかし、シュトロハイムが作り上げたローレライα1は、突如現れたあしゅら男爵に奪われてしまいました。そのロボットはまだ完成品ではないとシュトロハイムはあしゅら男爵に訴えますが、あしゅら男爵はそれを聞こうとはしません。

そして、あしゅら男爵との戦いの中、シュトロハイムは重傷を負ってしまいました。それを知ったローレライに、初めて悲しみの感情を知りました。ローレライα1の頭脳体、ローレライはそれによって完全な頭脳体として覚醒することができたのでした。しかし、それは同時にシローとの別れの時でもありました。

あしゅら男爵の機械獣をあっさりと倒したローレライα1は、引き続きマジンガーの戦いを始めます。
シローはそれを必死で食い止めようとしますが、2人とも戦いを止めようとはしません。そして激闘の末、ついにマジンガーはローレライを破壊してしまったのでした。
こうしてシローの初恋は、苦い思い出と共に消えたのでした。

最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可