日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › アニメ更新終了 › ドラゴンボール改 › ドラゴンボール改 #14
2009-07-05 (Sun) 11:45

ドラゴンボール改 #14

3倍の界王拳を使うことにした悟空。しかし、それは悟空の体に大きな負担をかけるものでした。

2倍の界王拳ではベジータにかなわなかった悟空は、体に負担がかかることを承知で、ついに3倍の界王拳を発動するのでした。その力の前には、さすがのベジータも完全に翻弄されています。あっという間に、戦いの形勢はベジータ有利から悟空の優位へと変わったのでした。

どうしても悟空に勝てないベジータは、とうとう地球ごと悟空を消滅させることを決意。悟空のかめはめ波と同じような、ギャリック砲を発動させるのでした。しかし、悟空はそれをかめはめ波で迎え撃ちます。
その戦いは、全くの互角。このままでは埒が明かないと、悟空はついに4倍界王拳のかめはめ波を放ち、ようやくベジータを吹き飛ばすことに成功したのでした。

しかし、これで倒されてくれるほどベジータも甘い相手ではありません。人型で悟空に勝てなかったベジータは、ついに大猿になることを決意したのでした。地球到着を満月の時に合わせるなど、ベジータは最初から意外なくらい考え抜いた作戦で戦いに挑んでいたのでした。
しかし、大猿の危険を知ったピッコロの手で、地球の月は破壊されてしまっています。これでベジータは切り札を失ったかと思いきや、なんと上級サイヤ人は自らの手で月の光と同じ波長を持った光球を作り出すことができたのでした!

大猿になったベジータの戦闘力は、なんと通常の10倍です。既に体がボロボロの悟空は、そんなベジータの攻撃に手も足も出ません。唯一の望みは、地球全体から気を集めた元気玉を放つことですが、精神集中に時間がかかるため、そのための時間を稼ぐことができません。
そんな悟空のピンチを知って、避難していた悟飯とクリリンは再び戦いの場へと向かうのでした。

今回もとにかく燃える展開でした。悟空とベジータの超ハイレベルな戦いも見応えがありましたし、かめはめ波とギャリック砲の撃ち合いも迫力がありました。(^^)

最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可

Trackback


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
ドラゴンボール改 ♯14「激突かめはめ波!ベジータ執念の大変身」
悟空が3倍界王拳でベジータを追い込むも、大猿に変身で逆にピンチなこの状態。盛り上がりました!! 面白いと30分があっという間ですね。 「この俺がゴミを相手に気高い血を…。許さん! 絶対に許さんぞ!!」 ベジータに反撃の隙さえ与えなかった3倍界王拳、圧倒的で... …
2009/07/05 12:56 はざまの欠片