時々の記録

コンピュータとアニメ感想etc.のブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › アニメ更新終了 › 涼宮ハルヒの憂鬱 › 涼宮ハルヒの憂鬱 #11
2009-06-17 (Wed) 11:35

涼宮ハルヒの憂鬱 #11

一樹の親戚の別荘に出かけたSOS団の面々は、そこで密室殺人事件に巻き込まれてしまいました。

別荘の持ち主、多丸圭一を殺害したのは、どうやら弟の裕のようです。しかし、だとしたらどうして部屋が密室になっていたのでしょうか。ハルヒは事件を解決しようと、やる気満々です。
おまけに、嵐がおさまるまで警察もやって来ることができません。

そんな中、ハルヒとキョンは裕が逃走したことを確認するために、船着き場からクルーザーがなくなっていることを確認しに出かけました。その途中でハルヒは怪しい人影を目撃しました。それを追った2人でしたが、途中で足を滑らせて崖から転落してしまいました。

幸い2人はケガをすることもなく、崖の途中にある洞窟に逃げ込むことができました。そこで事件について推理したハルヒは、自分なりの推理をキョンに披露しました。裕が島から消えたのは、午前1時頃。
しかし、その時間に犯行が行われたにしては、ハルヒが触った死体は温かすぎたのです。

そこからハルヒが導き出した結論は、裕と圭一が争った直後、圭一は死んでいなかったというものです。気絶していた圭一は、部屋の扉を閉めると足を滑らせて、自ら胸の手帳に刺さったナイフで致命傷を負ってしまったというものです。

しかし、発見された時の圭一の死体は仰向けでした。ハルヒの推理に無理があることをキョンが指摘した途端、ハルヒは名探偵ごっこに対するやる気を失ってしまいました。それはハルヒが、事件の本当の真相に気がついてしまったからです。

キョンたちが扉を開ける直前まで、圭一は生きていた。そんな彼にトドメを刺してしまったのは、強引に扉を開けたキョンたちではなかったのか!?
それに気づいたハルヒは、キョンたちを犯人にしたくなくて、事件に興味を失ったふりをしたのです。

でも、さらに本当の真相は別にありました。なんと今回の事件は、全て一樹の関わる組織がお膳立てしたやらせだったのでした。一樹は完璧に計画を進めたつもりでしたが、一樹と執事との言動などから真相をキョンとハルヒに見抜かれてしまったのでした。

全ては適度にハルヒの好奇心を満足させてやり、ハルヒに不穏な願望を抱かせないための策略だったのでした。

今回は、ちゃんと推理小説していて面白かったです。真相に迫るための伏線の張り巡らせ方もよかったですし、名探偵コナンっぽい真犯人描写も笑えました。

最終更新日 : 2022-10-30

Comment

Trackback


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
涼宮&クイーン&必殺&ブレイン
は主人の事件も小泉が仕組む芝居の展開で 今回は思い通り主人が刺され後編だけど のなど面白いが芝居が分かり易くて クイーンはレイナがエキドナと修行する展開だが 今回はレイナ修行で強くなったがリスティ倒され 急にレイナ強くなり過ぎもエキドナの動き読めず 次... …
2009/06/24 15:05 別館ヒガシ日記
涼宮ハルヒの憂鬱 11話
第11話 「孤島症候群・後編」 ドッキリでした。 この話で殺人事件はないだろう…そう考え、これは古泉達の仕掛けだと思いながらみてい... …
2009/06/18 21:01 ワタクシノウラガワR
涼宮ハルヒの憂鬱 第11話 孤島症候群 (後編)
 帰りのフェリーでキョンの首筋の黒子がアップにされているのは何か理由があるのでしょうか。よく分かりません。 …
2009/06/17 23:08 つれづれ