日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


大藪春彦さんの連作短編集、「戻り道はない」を読み終えました。この作品は、先に読み終えた「凶銃ルーガーP08」の続編です。

先の短編集でも多くの持ち主の運命を狂わせてきた凶銃ルーガーP08ですが、この作品でも4人の男の運命を変えることになりました。
1人目の主人公は、尾崎組のチンピラでバーテンをしている男です。彼は同じバーで働いているホステスから、凶銃を手に入れました。力を手に入れた男は、尾崎組の用心棒の男を殺して、自分が組織の上層部へ食い込もうとするのでした。

2人目の主人公は、尾崎組のチンピラが死んだ現場に居合わせた高校生です。深夜のトラック助手のバイトをしていたその高校生は、事故現場に転がるルーガーを思わず盗んでしまいました。
やがて彼が銃を盗んだのではないかと警察や、たちの悪い仲間たちが彼の銃を狙ってきます。そんな中で彼は、銃を乱射して不良たちや警官隊と銃撃戦を繰り広げることになるのでした。

3人目は、先の高校生が持っていた銃を手に入れた男の物語です。車で射撃場に向かっていた男は、偶然かっての友人がヤクザたちに殺されそうになっている現場に居合わせました。ヤクザたちから友人を救った男は、その友人と組んでヤクザの麻薬や売上金を奪取する計画を立てるのでした。
しかし内縁の妻の裏切りで、男は妻や友人を殺して、警官隊に追われることになりました。

4人目は、警官に追われて傷ついた男から凶銃を手に入れた男の物語です。彼はかっては裕福な家庭の坊っちゃんでしたが、今では自らの事故で両親を失い、資産を食いつぶしながら生活しています。そんな彼がルーガーを手に入れたことで、一気に大金を手に入れる大勝負に出るのでした。
しかし、彼の行動は警察に察知されていました。賭博場を襲撃した彼の車から足がつき、男は凶銃もろとも命を落とすことになったのでした。

こうして不思議な運命に導かれた凶銃の物語は終わりました。これまでに読んできた大藪作品と比べると、よりダークな色合いが強い作品だと思いました。心の裡に破壊衝動や自暴自棄な気持ちを持った者に凶銃が関わった時、最後の箍が外れて持ち主の運命を狂わせてしまいます。それは特別なことではなく、人間なら誰しも持っている気持ちなのかもしれませんね。

http://baranoheya.blog55.fc2.com/

ブログ始めました~ ( ̄▽+ ̄*)
まだまだ初心者ですが
温かい目で見てやってください
あとコメント+指摘などお待ちしております!

2009.05.23 00:15 URL | 水銀燈 #- [ 編集 ]

はじめまして。コメントありがとうございます。

中学生でブログを始められるなんて凄いですね!
勉強に部活、塾とたいへんなようですが、この時期に覚えたこと経験したことは、これから先の人生の財産になりますので、何でもチャレンジするといいと思いますよ。(^^)

2009.05.23 21:33 URL | 横溝ルパン #- [ 編集 ]

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://ylupin.blog.fc2.com/tb.php/5108-4deb7c8f