日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


ラゴンの虜囚―グイン・サーガ(4)グイン・サーガの第4巻、「ラゴンの虜囚」を読み終えました。

セム族を率いて奇策を使い、なんとかモンゴール軍と互角に渡り合わせたグインでしたが、このままたやすく勝利が手にできるとは考えていませんでした。セム族がモンゴール軍に勝つためには、決定打となるべき力が不足していたのです。

それを補う力としてグインがあてにしたが、ノスフェラスの奥深くに住むという伝説の巨人族ラゴンでした。ラゴンを説得して味方に引き入れるため、グインは単身東の狗頭山を目指したのでした。
そこでグインは、砂漠狼の集団に襲われることになりました。そんなグインを救ってくれたのは、砂漠狼の中でもひときわ巨大な狼王だったのでした。

狼王の導きで、グインは狗頭山を越えて、ラゴンの住む土地へと入り込みました。しかし、人とも獣ともつかぬグインの姿に、ラゴンは警戒してグインを捕虜としてしまうのでした。
ラゴンの支配者のもとに連れて行かれることになったグインは、無事にラゴンを説き伏せて味方とすることができるのでしょうか!?

グインが苦闘を続けている頃、モンゴール軍とセム族との戦いも激しさを増していました。
これまでセム族の攻撃に防戦を強いられてきたモンゴール軍は、一転して攻勢に出ることを決めました。いつものようにセム族が来襲すると、モンゴール軍のマルス伯に率いられた青騎士隊は、セム族を追跡してその本拠地を探し出そうとしていたのでした。

しかし、既にそんなモンゴール軍の動きも、グインに読まれていたのでした。落とし穴によって、マルス伯の部隊は、後続の部隊から孤立してしまいました。そんな時、兵士の1人として紛れ込んでいたイシュトヴァーンが、セム族の村へと彼らを導いたのでした。
しかし、これこそがグインの仕掛けた罠でした。村に踏み込んだ青騎士隊に、崖上からセム族が巨岩を投げつけて押しつぶそうとします。その上、彼らは油をまいて、動きの取れなくなった青騎士たちを焼き払ったのでした。

前巻もそうでしたが、この巻でもセムとモンゴールの戦いには迫力がありました。グインがラゴンに助けを求める展開はちょっと唐突な気もしましたが、荒野を単身で旅するグインの活躍は読み応えがありました。(^^)

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://ylupin.blog.fc2.com/tb.php/5099-af4ce6c2