日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › アニメ更新終了 › ONE OUTS › ONE OUTS #11
2008-12-24 (Wed) 11:53

ONE OUTS #11

いよいよバガブーズの秘密兵器・ジョンソンと、東亜の戦いです。

初戦は、ジョンソンのホームスチールで入れられた1点が決定打となり、リカオンズは敗北しました。
その後の記者会見で、バガブーズの城丘監督は驚くべきことを言い出しました。何とジョンソンは、元々は野球選手ではなく、陸上選手だったのです。
100m走の大会では冴えない成績だったジョンソンですが、スタートから30mのダッシュではトップを走っていました。つまりジョンソンは、30mまでの競争であれば、世界最速の男だったのです。

これで東亜に勝てると踏んだオーナーは、次の試合でのレートを20倍に引き上げました。
そして、ランナー1、3塁のピンチで東亜の登板です。そこで東亜は、ジョンソンにまんまとホームスチールを決められてしまったのでした。しかし、その東亜の失点は、この先のための布石でした。

たった1回の投球で、東亜は城丘監督のはったりに気がつきました。ジョンソンの起用は、いっけん東亜をターゲットにしているように見えましたが、実は右太ももを痛めていた3塁手の藤田のケガを見抜いての作戦だったのです。仮に東亜が3塁に牽制してホームスチールに失敗しても、藤田のケガの影響によるわずかな遅れから、ホームを踏めると計算していたのでした。

それに対する東亜のジョンソン対策は、極端な3塁の前進守備でした。ジョンソンより前にいれば、キャッチャーがタッチにゆく時間を計算に入れても、ジョンソンを阻止することができます。

また東亜の失点は、ジョンソンを見抜くためだけではありませんでした。相手チームを調子に乗らせて、守備でもジョンソンを起用させることが目的だったのでした。しかし、意外にもジョンソンは守備にも意外な上手さを発揮しました。リカオンズの選手たちの目論見は、またしても外れてしまったように見えましたが、打席に立った東亜はジョンソンの走りの弱点に気がついたようです。
東亜はいったいどんな方法でジョンソンを封じようというのでしょうか!? 次回が楽しみです。

最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可

Trackback


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
ONE OUTS -ワンナウツ- 第11話 「世界最速の男」
「今日のジョンソンのプレイを見て、改めておわかりになったはずだ…。  『走塁』は時に恐ろしい破壊力を持つ『武器』になる、と。  特に... …
2008/12/24 23:36 Free Time.
ONE OUTS‐ワンナウツ‐ 第11話
第11話「世界最速の男」ジョンソンは元陸上選手で特にスタート30mまでくらいが一番速く …
2008/12/24 21:17 沖磨純雲 -おきまもとん-
ONE OUTS-ワンナウツ-#11
第11話「世界最速の男」? …
2008/12/24 18:16 悪のめいどブログ
ONEOUTS#11世界最速の男
東亜の初めての失点!!!バガブースの新外人ジョンソンの俊足にリカオンズはなすすべもない狂喜乱舞の彩川オーナー!!だが東亜の唇から笑みは消えない・・第11話「世界最速の男」バガブースの城丘(しおろか)監督は「東亜にジョンソンの阻止は不可能」と挑発的なコメン... …
2008/12/24 12:39 帰ってきた二次元に愛をこめて☆