日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › 読書 › マンガ › あんどーなつ 5巻
2008-11-29 (Sat) 16:00

あんどーなつ 5巻

あんどーなつ 5―江戸和菓子職人物語 (5) (ビッグコミックス)あんどーなつ5巻は、近江屋百貨店で行われている「花のお江戸菓子祭り」の続きからです。

名店10店が集まるイベントに、気合いを入れて参加した奈津でしたが、お菓子にばかり気を取られて一緒に出すお茶にまで頭が回りませんでした。それが原因で、獅子屋に先手を取られましたが、失敗したらすぐに何とかしようと動き出すのが奈津のいいところです。
会場を訪れた一ツ橋流のお茶の先生からアドバイスをもらい、翌日は他店にはない冷たいお茶を振る舞うというサービスで盛り返したのでした。

ところが、獅子屋は今話題の人気歌舞伎俳優をゲストとして招いて、会場の話題を独占してしまいます。そんな満月堂に援軍として現れたのは、梅さんの知り合いの芸者さんたちでした。彼女たちの強力もあって、イベント会場はさらに盛り上がりました。

ここで、人混みでごった返す会場に、奈津が用意した冷たいお茶がここで効果を発揮しました。しかし、会場の人気を獅子屋と満月堂が独占する形になってしまい、何か違うのではないかと思ったら、奈津は他のお店にも冷たいお茶を提供して、会場全体が和やかな空気に包まれたのでした。

このところ、満月堂と獅子屋の対決ドラマみたいになってしまっていましたが、どっちが勝ったとか負けたとか上とか下ではなく、お客様の多様な好みに合わせていろいろなお店が共存している、それがとてもこの作品らしくていいなあと思いました。

次巻では、奈津がおいしい葛を求めて鹿児島まで出かけることになりそうです。どんな出会いや発見が奈津を待っているのか、楽しみです。

最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可