日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › 読書 › マンガ › あんどーなつ 4巻
2008-11-26 (Wed) 21:12

あんどーなつ 4巻

あんどーなつ 4―江戸和菓子職人物語 (4) (ビッグコミックス)あんどーなつ4巻では、奈津が和菓子の材料となる穀粉を作っている工場を訪れるお話からスタートです。

お客様に販売するお菓子を作っている職人の仕事へのこだわりも凄いですが、その材料となる穀粉を作られている方々にも素人から見たら信じられないような苦労があるんですね。愛情を持って作られた材料を、その魅力を最大限に引き出すように職人が仕上げる。こういうものの繋がりっていいですね。

お話の後半では、満月堂が今度は近江屋百貨店の催事に出店することになりました。今度もまた僅差で獅子屋に勝つことはできませんでしたが、満月堂のお菓子のおいしさを多くの人に知ってもらえただけで女将さんはうれしそうです。

それだけで終わりかと思ったら、さらに近江屋百貨店から今度はお寿司屋のカウンターのような形式で和菓子を提供するイベントへのお誘いがありました。
最初は乗り気ではなかった梅さんですが、奈津に励まされて、とうとう出店することを決めました。しかし、ライバル店にはまたしても獅子屋がいます。この出店は満月堂にとってプラスになるのでしょうか!?

3巻では奈津に恋する若旦那が登場しましたが、その恋の進展は今回はお休みです。他のお店との和菓子対決はお話としては盛り上がりますが、できればそういった派手な展開よりは、地味でも日々の何気ない営業の裏に隠された老舗の奥深さを描いて欲しいような気もします。

最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可