日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › アニメ更新終了 › ONE OUTS › ONE OUTS #7
2008-11-26 (Wed) 18:11

ONE OUTS #7

マリナーズとの3連戦に連投することになった東亜。第1戦は勝利したものの、第2戦ではマリナーズはある作戦を用意していました。

クリーンナップの3人以外は、徹底して左バッターを起用してきたのです。その作戦の狙いは、徹底して東亜に球数を投げさせた上でファーストゴロを打ち、東亜をベースカバーでファーストまで走らせることにあったのです。

7回まで何とか持ちこたえた東亜でしたが、8回にとうとうファーストに入ろうとしたところで倒れてしまいました。そんな東亜をバックアップしようと、リカオンズのメンバーは奮起します。しかし、どうしても得点を入れることができません。

そして両者0対0で迎えた10回の裏、ケガから復帰して間もない児島が代打として打席に立つことになったのでした。最初は気合いで何とかしようとしていた児島ですが、東亜はそんなやり方を嘲笑います。そして、児島の右肘に包帯を巻かせて、初球が外角にくることを予測してみせたのでした。

相手ピッチャーの投げたボールは、本当に外角へときました。しかし、キャッチャーのサインは内角。
これはどういうトリックなのかと思ったら、相手投手はこれ見よがしに巻かれた児島の包帯を意識して、無意識に肘から遠いところにボールを投げようとしてしまったのでした。
球界での児島という選手の価値。それを利用した東亜の作戦だったのでした。

そして、試合はとうとう3日目。さすがに東亜も疲れを隠せません。それなのに、お金のことしか考えてないオーナーは、この試合に限って普段の20倍のレートを適用すると言い出したのです。
疲れからか東亜のピッチングは精彩を欠き、頼みのコントロールも今ひとつです。東亜はマリナーズ打線に集中砲火を浴びることになってしまいました。

これまで東亜は7億以上の契約金を手に入れていましたが、今回の試合でそれを大幅に減らして、逆にオーナーに対して借金を背負うことになってしまいました。しかし、そんな状態になっても東亜には何か勝算があるようです。

東亜がこの試合で味方につけたもの。それは天候でした。東亜たちが試合を行っている球場には、大雨が近づいていたのです。東亜が集中打を浴びたおかげで、試合はいまだに4回までしか進んでいません。雨が降った時に試合が5回まで達していなければ、その試合は無効試合になってしまいます。

それに気づいた高見は、バッターに早くアウトになるよう指示を出します。この高見の指示は、果たして雨が降る前に間に合うのでしょうか!? そして、東亜は苦境を切り抜けることができるのでしょうか!?

最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可

Trackback


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
ONE OUTS -ワンナウツ- 第7話 「Trick&Trap」
「へへへっ…ようやく気づいたか。  打って、点を取って、浮かれて、好い気になって…。  そうやってる間にお前らは、確実に嵌っていた... …
2008/11/27 23:54 Free Time.
野球版孔明vs.仲達その二番
ONE OUTS‐ワンナウツ‐編 第7話 …
2008/11/26 19:26 Aut viam inveniam aut faciam!
ONE OUTS‐ワンナウツ‐ 第7話
第7話「Trick & Trap」2試合目。この日の高見は試合に勝つことよりも東亜をつぶすことを優先。 …
2008/11/26 18:38 沖磨純雲 -おきまもとん-
ONE OUTS-ワンナウツ-#7
第7話「Trick & Trap」? …
2008/11/26 18:25 悪のめいどブログ