日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › アニメ更新終了 › ONE OUTS › ONE OUTS #2
2008-10-22 (Wed) 21:21

ONE OUTS #2

ついに東亜と児島の勝負が始まりました。その結果は、児島にとって信じられないものでした。

児島との勝負で、東亜は大きく外れたボールを連発します。大打者の児島に、さすがの東亜も動揺しているのかと思いきや、それすらも東亜の計算の内だったのでした。
3ボールになっても、東亜はボール球を投げ続けました。しかし、このままフォアボールで勝負を終わりにすることは、児島のプライドが許しませんでした。

児島はわざとボール球に手を出して、カウントは2-3です。いくらなんでも最後の決め球は東亜の最高のボールを投げるだろうと予想した児島でしたが、なんと東亜は意表を突くど真ん中へのスローボールで勝負を決めました!
最初から心の裡を見抜かれていた児島は、こうして東亜との勝負に敗れてしまったのでした。

その後、児島は木野崎たちの前から姿を消してしまいました。児島は1人山ごもりをして、東亜との再戦を目指して特訓していたのでした。なんと児島は、毎日右手一本で1,000本の薪を切り続けていたのです。
それで自信を得た児島は、再び東亜に勝負を申し込みました。勝負の条件は、東亜が児島に勝ったら即引退する。その代わり、児島が東亜に勝ったら、二度と賭け野球ができないように右腕を叩き折るというお互いのプライドを賭けたものになりました。

しかし勝負の直前、薪割りの特訓をしていた児島は、わずかな心の動揺から右腕を痛めてしまいました。その結果、児島は外角球ならなんとか打ち返せても、内角球は右手首を返せないために打てないほどの傷を負ってしまいました。

しかし、今さら勝負の日取りを変えることはできません。児島は負傷したことを隠して、東亜との勝負に挑んだのでした。そして、再び東亜と児島の対決が始まりました。児島に対して、東亜は徹底的に内角球を投げ続けます。勝負の前のちょっとした行動から、東亜は児島が負傷していることを見抜いていたのでした。

東亜はあくまで内角攻めを続けるようですが、この勝負に児島は勝つことができるのでしょうか!?

最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可

Trackback


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
戦う者に道が2つある。勝利と、死と!
規制外のONE OUTS‐ワンナウツ‐編 第2話 …
2008/10/23 21:28 Aut viam inveniam aut faciam!
+ONE OUTS-ワンナウツ-【2】+
第2話「勝負師」 野球の話ってゆーよりは賭け事のお話なんですね。 つかさ。 薪割ったらどうして”勝てる”ってゆー思考になるんだww なんてマイルールww 絶対この人B型だ。って思った。(そんな管理人もB型ですがなにか?   相変わらずナレーションがちょ?... …
2008/10/23 10:02 ウタウタイ☆A館
ONE OUTS‐ワンナウツ‐ 第2話
第2話「勝負師」三球大きく外し、ノースリー。四球目も見逃せばボールであったが、ギャラリー全員が東亜に賭けたことで、 …
2008/10/22 21:54 沖磨純雲 -おきまもとん-