日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › 読書 › マンガ › アイシールド21 30巻
2008-06-06 (Fri) 18:26

アイシールド21 30巻

アイシールド21 30 (30) (ジャンプコミックス)蛭魔が腕を折られて退場。そしてセナがクォーターバックを務めることになりました。

今こそ力を合わせなければならない時。それなのに、蛭魔を壊されたショックで、栗田が使い物になりません。峨王の手がセナに伸びた時、それを救ったのは伏兵・小結でした。セナと小結を中心に、泥門は必死の反撃を試みますが、峨王のパワーの前に万策尽きようとしていました。
そして、セナはとんでもない作戦を提案します。正面からセナと小結が峨王にぶつかって、中央突破するというのです。

こんな無謀な作戦が通用する峨王ではないのは承知で、セナたちは突っ込みます。その時、ついに優しい巨漢・栗田が目覚めました。あくまで自分を信じ抜いてくれたセナや小結のため、とうとうその圧倒的なパワーを解き放ちました。これでようやく泥門は、勢いを盛り返しました。

しかし、慣れないセナのクォーターバックという弱点を、今度はマルコに突かれてしまいました。
その時、もう退場したのかと思った蛭魔が奇跡の復活を果たしました。峨王に右腕は折られていますが、そんな極限状態にあっても蛭魔の知略は健在でした。
そうして、泥門はとうとう白秋と同点というところまで追いつきました。その先に見えてきたのは、クリスマスボールでの対戦相手・帝黒学園。セナたちがあんなにも苦労して勝ち抜いた、神龍寺を抑えて、毎年クリスマスボールで優勝している関西の超強豪です。

白秋戦もまだ終わっていないのに、高校アメフト界に君臨する高校が登場して、これからのセナたちの戦いはどうなってゆくのでしょうか!?

今回も最大の萌えポイントは、まも姉と蛭魔のやり取りでした。まも姉がマネージャーとして入部してきた時にやった3問のクイズ。それが、ここで出てくるとは思いませんでした。

最終更新日 : 2022-10-30

Comment