日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › アニメ(その他) › アニメーション制作進行 くろみちゃん
2008-03-29 (Sat) 07:57

アニメーション制作進行 くろみちゃん

アニメーション制作進行 くろみちゃんDVDを持っているのですが、BSで放送していたので何となく録画して視聴してしまいました。(^^;

もう何度も見直している作品なのですが、テンポが良くて笑えてほろっとする場面もあって、見飽きることのない作品ですね。

物語は、アニメ制作会社に入社した大黒みき子(通称・くろみちゃん)が、新入社員として出社するところからスタートします。学生時代に見たアニメ「ルイモンド三世」に感動して、アニメを作る仕事がしたいと希望に燃えて出勤したくろみちゃんでしたが、出勤早々に前任の制作進行の担当者が入院してしまい、右も左もわからないくろみちゃんが全てを任されることになってしまいました。
おまけに、任された作品は期限ギリギリになってもほとんど原画が完成してないという状況です。このままでは、アニメを放映することができなくなってしまいます。

そこから、くろみちゃんの奮闘が始まります。しかし、作画を担当する原画マンたちは、それぞれが一癖も二癖もあって、さっぱり原画は仕上がってきません。その状況に絶望して、とうとうくろみちゃんは会社を退職する決意をしてしまうのでした。
そんなくろみちゃんの心を動かしたのは、作画監督をしている四本松さんの言葉でした。今では作画監督して活躍している四本松さんも、新人の頃はあまりの賃金の安さに仕事を辞めてしまったことがあったのです。

一度は仕事を辞めようと思ったくろみちゃんでしたが、そんな彼女をつなぎ止めたのは、大好きなアニメを見た時の感動でした。再び仕事に戻ったくろみちゃんは、四本松さんの協力を得て、ようやく仕事が順調に動き始めるのでした。
そして山のような苦労を経て、とうとうくろみちゃんが担当した最初の作品が完成したのでした。

この作品はアニメ業界を舞台にしていますが、社会人として働いた経験のある方なら、くろみちゃんの気持ちには共感できるものがあるのではないでしょうか。仕事への夢と希望、そして挫折。そして現実を知った上で、それでも夢を目指してがんばる。それが日々の仕事をしてゆく力となる。それは、どんな仕事にも通じることだと思います。

最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可