日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › アニメ更新終了 › もっけ › もっけ #13
2008-01-09 (Wed) 17:58

もっけ #13

今回は、静流のことが気になっている有田君に取り憑いたマメオトコという物の怪のお話でした。

いつ頃からか、有田君は静流のことが気になっていたようです。しかし、静流は恋に関しては超鈍感。そんな静流に気がついてもらうのは、至難の業なのでした。(^^;
そんな有田君に取り憑いているのがマメオトコ。とくに悪さをする物の怪ではないようですが、彼の行動に口を挟んできたり、失敗を笑ったりとうるさい存在です。

静流は有田君にマメオトコが取り憑いているのを知っていますが、お祖父さんは無害な物の怪だから放っておけと言います。
そんなある日、マメオトコが有田君に力を貸して、静流に話しかけてきました。そのおかげで、有田君は静流と話をするきっかけはつかめましたが、静流の方はちょっと迷惑そうです。

そんな有田のことが気になっているのが、幼なじみの信乃です。静流に有田君を取られてしまうのではないかと、信乃は気が気ではありません。静流が迷惑していることを有田に伝えましたが、かえって有田を怒らせてしまいました。

それまではマメオトコの力を借りていた有田君でしたが、自分自身の力で静流に話しかけてみることを決意しました。しかし、静流と話をするために文芸部に入ろうとしていることを信乃に知られて、言い合いになっている恥ずかしい姿を静流に目撃されてしまいました。
それを見て、マメオトコは大笑い。怒った有田君は、マメオトコを叩き潰してしまいました。

それで、とりあえず有田君の目からマメオトコは見えなくなったようです。静流との関係はうまく行きませんでしたが、それをきっかけに信乃とはちょっといい感じでしたね。
でも、マメオトコは死んだわけではなくて、相変わらず有田君にまとわりついているようです。また、そのうち有田君がマメオトコを見ることもあるのでしょうか。

今回はゲストキャラの目線からのお話で、今までと違った雰囲気が楽しかったです。
特に静流が恋に関しては、瑞生以下だったのには笑ってしまいました。有田君だけでなく、この先も静流に恋する男性はたいへんな思いをすることになりそうですね。(^^;

最終更新日 : -0001-11-30

* by ちはや
今回はかなり微妙な感じでした(^ー^;A

結果的にマメオトコの正体も分からないし、有田君の思いも実らず、志乃の思いも伝わらずで、何もストーリーが進行していない感じを受けたのですが・・・

さらに公園で有田君が何か悟ったように志乃と一緒に空を見上げるシーンは私にはまるで意味が分からず・・・(^ー^;A

感受性が鈍いのかなあ・・・(-"-;)

* by 横溝ルパン
こんにちは。いつもお世話になります。

今回のお話は、結果的にほとんど何も起こらないお話でしたねえ。(^^;
静流と仲良くなろうとじたばたする有田君は楽しかったですが、唐突に信乃といい感じになってましたし・・・。

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

今回はかなり微妙な感じでした(^ー^;A

結果的にマメオトコの正体も分からないし、有田君の思いも実らず、志乃の思いも伝わらずで、何もストーリーが進行していない感じを受けたのですが・・・

さらに公園で有田君が何か悟ったように志乃と一緒に空を見上げるシーンは私にはまるで意味が分からず・・・(^ー^;A

感受性が鈍いのかなあ・・・(-"-;)
2008-01-09-23:20ちはや [ 返信 * 編集 ]

こんにちは。いつもお世話になります。

今回のお話は、結果的にほとんど何も起こらないお話でしたねえ。(^^;
静流と仲良くなろうとじたばたする有田君は楽しかったですが、唐突に信乃といい感じになってましたし・・・。
2008-01-10-06:30横溝ルパン [ 返信 * 編集 ]

Trackback


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
もっけ
{{{第十三話「マメオトコ」}}} {{{ 静流に想いを寄せる有田は、ある日夢の中で小さな一つ目オヤジの妖怪に出会った。 しかしその妖怪はいつの間にか眠っていなくても側で囁くようになり、静流への想いを伝えるよう有田を煽り始める・・・・・ }}} == ?... …
2008/01/09 23:18 マンガとアニメの感想録とか
もっけ 第13話 マメオトコ
おや?春原がいるよ? …
2008/01/09 22:58 SOBUCCOLI
もっけ 。。。。 第13話 マメオトコ
妖怪絡みですが、つまりは 果敢なく淡い 恋の想いってやつですね。 …
2008/01/09 22:26 幻影現実 私的工廠 ブログ