日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › アニメ更新終了 › BLOOD+ › BLOOD+ #49
2008-01-03 (Thu) 23:44

BLOOD+ #49

ついに小夜とディーヴァ、ハジとアンシェルとの対決が始まりました。

冒頭はアルジャーノさんから。他国人だという理由で、あっさりアメリカ政府から見捨てられてしまいました。翼手の集団が跋扈する中、アルジャーノ氏の運命やいかに!?

そして、ステージの上では小夜とディーヴァ。舞台裏ではハジとアンシェルの戦いが始まりました。アンシェルは、何やら衝撃波のようなものを放つことができるようで、近距離からの攻撃手段しか持たないハジは不利な戦いを強いられます。

アンシェルの衝撃波に吹き飛ばされたハジは、そのまま夜の街の上空で激しい戦いを続けます。圧倒的にアンシェル有利の戦いに見えましたが、ハジは天候を味方につけました。
ビルの尖塔にアンシェルの体が突き刺さったところに、雷が落ちて意外なくらいあっさりと勝負が付いてしまいました。

ジェイムズやソロモンが意外なくらいのしぶとさを見せたのに、残り話数が少ないとはいえ、あまりにもあっけないアンシェルの最期でした。(^^;

舞台の上では、小夜とディーヴァの死闘が続いています。ディーヴァは小夜に問います。どうして自分には人間が理解できないと決めつけるのか!?
しかし、自分自身をも含めて翼手を抹殺しようと決めている小夜は、あくまでディーヴァと戦う道を選びました。

激闘の末に、互いの剣がお互いを刺し貫きました。しかし、小夜の血はディーヴァに死をもたらしたのに、ディーヴァの血は小夜を殺すことはできませんでした。
ディーヴァは母となった時に、小夜を殺す力を失っていたのでした。自分で決めたこととはいえ、自らの手で妹を殺さねばならなかった小夜は号泣するのでした。

そして、ディーヴァの子供を抱えたネイサンも、自らの運命に終止符を打ちました。
小夜に自分を殺してもらい、そこで自分の命を終わりにしたのでした。ネイサンは、アンシェル以上にくせ者だと思っていたのですが、アンシェルよりさらにあっけない死に驚かされました。

全てを失った小夜に、ディーヴァの子供たちが残されました。小夜は赤ん坊たちも殺そうとしますが、その前に現れたのは小夜から鍵を返されたことに気がついたカイでした。
小夜は、ディーヴァの子供たちもその手にかけてしまうのでしょうか!?
いよいよ次回で最終回です。物語の結末が楽しみです。

最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可