時々の記録

コンピュータとアニメ感想etc.のブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › アニメ更新終了 › BLUE DROP › BLUE DROP #13
2007-12-30 (Sun) 21:57

BLUE DROP #13

学園祭当日、マリや萩乃は何とかお芝居を演じようとしますが、そんな想いとは関係なしにシバリエルの指揮する艦隊の攻撃が始まってしまうのでした。

これまで異星人からの侵略を受けながらも、それらしい雰囲気がほとんどなかった作品でしたが、最終回になって一気に物語が動いたのには驚きました。
そんな中でも、特に心に残ったのは萩乃のために、何とかお芝居を続けさせてあげたいと1人で奮闘するツバエルでした。(/_;)

しかし、彼女の奮闘もむなしく、ブルーに危機が訪れます。そして異星人の本格的な地球侵攻も始まって、お芝居は中座してしまいました。そして、萩乃はとうとうみんなに自分の正体を明かしました。
異星人のスパイだったのかと憤る仲間たちに、萩乃がスパイのはずがないと断言するミッチーがいい味だしてました。

そして、萩乃はシバリエルとの最後の戦いに向かいます。しかし、戦いに赴く萩乃をマリが追いかけてきていました。2人が共に演じきれなかったお芝居のセリフをつぶやく場面にはぐっとくるものがありました。

シバリエルの攻撃を受けて大ピンチのブルーでしたが、その危機を救ったのはアザナエルでした。それで何とか体勢を立て直したブルーでしたが、シバリエルは最終兵器を投入してきました。その攻撃によって、アザナエルの編隊は一気に壊滅させられてしまいます。
再度シバリエルが攻撃をかけようとした時、転移したブルーがシバリエルの艦船に特攻してきました。

そして物語は、第1話の冒頭へと繋がります。萩乃はやはりあの戦いで命を落としてしまったのでしょうか!? 最後はやり残したお芝居を演じられるのかと思っていたので、あまりに切ない結末に驚きました。

最後に作品全体を振り返ってみると、女の子たちが頬を赤らめる場面が多い作品だったなあと思いました。(^^;
百合描写が多いのは歓迎なのですが、もう少し本筋というか異星人と地球人との接触という部分も丁寧に描いて欲しかったなあと思います。内容的に考えると13話では少ないような気がするので、できれば26話くらい欲しかったですね。

最終更新日 : 2022-10-30

ようやく視聴終了! * by tom-yan
こんばんは!
ようやくこのシリーズを見終えました。
月遅れの記事に毎回TBを送って頂き、ありがとうございました♪

>女の子たちが頬を赤らめる場面が多い作品だったなあ

あはは! やっぱりそう思いますよね(^^;;
ウチの記事ではいろいろ愚痴のようなことを書いていますが、1クール作品の中ではかなりデキのいい作品だったと思います。
「その後のマリ」も見てみたかったのですが、おそらく「萩乃の死を知って、ずっと泣き続けていただけ」なのでしょうね。

* by 横溝ルパン
こんにちは。いつもお世話になります。

シリーズ完全視聴、お疲れ様でした。こちらこそ、毎回のTBありがとうございました。(^^)

tom-yanさんの記事にありましたが、頬を赤らめるのは"マリと萩乃のやり取りだけ"にした方が効果的だったと思います。
みんなが頬を赤らめているので、何だか人類みな百合みたいに思えました。(^^;

SF設定的な部分では疑問や不満もありましたが、マリと萩乃の友情の物語としてはいい感じでしたよね。

"その後のマリ"は、私も見てみたかったです。というか、大切な友人を失ってどうするか!?で、まだ物語が描けそうな気がします。

管理人のみ閲覧できます * by -

Comment-close▲

Comment

ようやく視聴終了!

こんばんは!
ようやくこのシリーズを見終えました。
月遅れの記事に毎回TBを送って頂き、ありがとうございました♪

>女の子たちが頬を赤らめる場面が多い作品だったなあ

あはは! やっぱりそう思いますよね(^^;;
ウチの記事ではいろいろ愚痴のようなことを書いていますが、1クール作品の中ではかなりデキのいい作品だったと思います。
「その後のマリ」も見てみたかったのですが、おそらく「萩乃の死を知って、ずっと泣き続けていただけ」なのでしょうね。
2008-02-06-00:01tom-yan [ 返信 * 編集 ]

こんにちは。いつもお世話になります。

シリーズ完全視聴、お疲れ様でした。こちらこそ、毎回のTBありがとうございました。(^^)

tom-yanさんの記事にありましたが、頬を赤らめるのは"マリと萩乃のやり取りだけ"にした方が効果的だったと思います。
みんなが頬を赤らめているので、何だか人類みな百合みたいに思えました。(^^;

SF設定的な部分では疑問や不満もありましたが、マリと萩乃の友情の物語としてはいい感じでしたよね。

"その後のマリ"は、私も見てみたかったです。というか、大切な友人を失ってどうするか!?で、まだ物語が描けそうな気がします。
2008-02-06-06:31横溝ルパン [ 返信 * 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-02-08-00:07  [ 返信 * 編集 ]

Trackback


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
BLUE DROP~天使達の戯曲~ 第13話(終)
サブタイトル「Rosmarinus」   マリたちの舞台が進む中、アルメの本格侵攻が始まる。   萩乃はブルーに乗り込み、単艦で反抗を試みる。 …
2008/02/05 23:54 まだまだハマる☆現代アニメ
『BLUE DROP』 第13話 催涙END
            最終回    『BLUE DROP ~天使達の戯曲~ 』 「ああああああああああああ あああああああああああああ あああああああああああああ !!!!!!!!!!!!」 …
2008/01/06 10:59 リリィ伯爵のチェキラ☆
BLUEDROP~天使達の戯曲~第13話「Rosmarinus」感想
ブルードロップもとうとう最終話。このアニメも先がわからないな・・・。【送料無料選択可!】BLUEDROP~天使達の戯曲~Vol.1/アニメ早速感想。とうとう地球侵略。目的は証拠隠滅か。演劇はやっぱり実現せず・・・。萩乃は最後に出撃。若竹に一方的な別れを告げて・・・。... …
2008/01/02 09:41 物書きチャリダー日記
【アニメ感想】BLUE DROP ~天使達の戯曲~ 第13話【最終回】
「Rosmarinus」 【ローズマリー】。学名“Rosmarinus”はラテン語で「海の露」。 永遠に変わらない愛・・・とネタ(ぇ そして、地球侵略までのプロセスを描いてきたアニメも、ついに最... …
2008/01/01 20:16 ACGギリギリ雑記
BLUE DROP ~天使達の戯曲~ 感想一覧
 BLUE DROP~天使達の戯曲~ 関連商品 全13話 三重テレビ 2007年10月2日~12月25日 火曜 26時55分~27時25分 …
2008/01/01 09:17 幻影現実 私的工廠 ブログ
BLUE DROP ~天使達の戯曲~ 第13話 「Rosmarinus」
BLUE DROPもついに最終回。できればマリと萩乃にとって幸せなENDを迎えてほしいと思っていましたが・・・このENDは哀しすぎますよ。 …
2007/12/31 19:59 紙の切れ端
『BLUE DROP~天使達の戯曲~』第13話
JUGEMテーマ:漫画/アニメ 成る程これがやりたかったのか!……と思わず納得。せめて、あの劇が終わるまでは町を護ろうと孤軍奮闘し、傷ついていく戦艦ブルー。しかし、それも虚しく敵の侵攻は押し寄せてくる。最後に萩乃様は皆に別れを告げ、負けると分かっている戦闘空... …
2007/12/31 15:52 うかばれないもの
Blue Drop 第13話
[異星人による武力侵攻が始まる。圧倒的な科学力の差の前に、なす術もない地球側。萩乃の演劇の邪魔はさせまいと、必死で戦うブルーとツバエルだったが、2~4番艦を沈めたところ... …
2007/12/31 12:43 ルナティック・ムーン
BLUE DROP ~天使達の戯曲~ 第13話「Rosmarinus」(最終回)
BLUE DROP ~天使達の戯曲~ 第1話冒頭のメガネのおばさんは、香月だったんですね。千光寺と若竹の関係と同様のレベルで香月の背長を描いてきていましたからね。状況から、彼女が和平団の代表となり、あそこまで落ち着いた態度がとれるのも納得のいくことです。 で、... …
2007/12/31 02:28 パプリカさん家のアニメ亭
BLUE DROP ~天使達の戯曲~ 第十三話
 萩乃が宇宙人であることを知ってしまい、不安を覚えていたミッチー。しかし、マリと …
2007/12/31 00:43 ぶろーくん・こんぱす
BLUE DROP ~天使達の戯曲~ 第13話 「Rosmarinus」
開始された異星人の総攻撃。 海鳳祭で戯曲『オルレアンの少女』が開幕…。 舞台が終わるまでは、ツバエルは一人BLUEで応戦に出るが――。 終わりを告げる世界… 未来に種を... …
2007/12/30 23:32 SeRa@らくblog
BLUE DROP ~天使達の戯曲~ 第13話 『Rosmarinus』
学園祭前夜、ミッチーは脚本の最後の調整かな。 今回の芝居に掛ける気持ちはこれまでの過程を振り返ると、 それはもう並々ならぬものがあるだろうし、気持ちも感じられますからね。 ただ裕子先生と萩乃の会話が頭から離れないようだが・・・どう影響するのか。 その... …
2007/12/30 22:23 よう来なさった!