日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


沢田さんというお祖父さんから、瑞生たちのお祖父さんがケサランパサランという毛玉のようなものを預かりました。持っている者に幸運を授けてくれるものらしいのですが、新しく生まれたケサランパサランを誰かに引き取ってもらいたいのだそうです。

幸運が訪れると聞いて、瑞生は早速ケサランパサランを飼ってみたいと言い出しました。お祖父さんもそれを認めてくれて、瑞生はケサランパサランの飼い主になったのでした。
それからの瑞生は幸運続きです。学校に遅刻した時は、運良く先生も遅れてきました。給食で残ったプリンをじゃんけんで勝ち取ることもできました。そして、週末にお父さんとお母さんが静流と瑞生の元へとやって来ることになったのです。

大喜びの瑞生は、もしもケサランパサランが増えたら、それを友達や知り合いに分けてあげるつもりです。しかし、そんな浮き浮きした気分も両親がやってきたことが原因でかき消えてしまいました。
瑞生たちのお母さんは、2人が物の怪に関わることを嫌がっていたのです。

その夜、瑞生たちが寝付いた後、お母さんはお祖父さんに食ってかかりました。夢うつつでそのやり取りを聞いてしまった瑞生は、ケセランパサランと別れることを決意するのでした。

そして、ケサランパサランは村の高台から新しい飼い主を求めて飛び立って行ったのでした。次はどんな人が、ケサランパサランと出会うのでしょうか。

今回のお話は、ちょっと微妙でした。一番気になったのは、瑞生が飼うと言ったケサランパサランを、結局は野生に放つことになってしまったことです。最初は可愛がっていたペットを、自分の都合が悪くなったからと安易に捨てるみたいで、見ていて気分がよくありませんでした。

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://ylupin.blog.fc2.com/tb.php/3543-c75a99e8

「もっけ」6話 ケセランパサラン
そういえばそういうの流行った気がするなぁというものが出てきた。でもボンヤリとそういうのがあったなぁ程度で今回の説明でなるほど~と思うことしかり。おじいさんやお母さんが言ってたのでケセランパサランの説明は

2007.11.12 21:41 | 蒼碧白闇

もっけ 第06話 「ケサランパサラン」
ワーイ、お母さんが三石琴乃さんだぁー。☆⌒Y⌒Y⌒Y⌒☆ 最近三石さんも年齢が高いキャラを演じることが多くなりましたね。

2007.11.12 21:32 | 神奈川辺境交通(かなへん)

もっけ/第6話 『ケサランパサラン』/感想
『もっけ』第6話の感想です。■目に見える部分と、目に見えない部分今回の話は難しくて正しく理解出来たかった言われると自信が無いのですが、自分なりに感じた事をまとめると。まずは視聴者に対するメッセージの部分と、瑞生に与えられたテーマは別々にして考えた方が良い

2007.11.12 17:56 | たなぽんの泣けるストーリー

もっけ第6話「ケサランパサラン」
ケサランパサランって、2ちゃんのオカ板で存在を知ったんだが、実物は見た事無いな。検索すると出てくる画像は殆ど植物の種だしな。でもいくつかはそれっぽいのがあるかな。それにしても製作に手塚プロダクションが入っているせいか、特に今回は絵が手塚っぽかったな。前..

2007.11.10 13:26 | アニメの襲撃者

もっけ
{{{第六話「ケサランパサラン」}}}{{{ある日、一人の老人が祖父の元にケサランパサランを預けにきた。幸運を呼ぶというケサランパサランを気に入った瑞生は祖父に隠れてこっそり見ていたが、以外にも、瑞生に飼ってみるかと提案する。大喜びした瑞生は大事に育て始め、翌日

2007.11.10 00:29 | マンガとアニメの感想録とか

もっけ 。。。。 第6話 ケサランパサラン
伝承や 民話や 物の怪や 不思議なモノと どう付き合って行くのか?そんな姿勢の在り方を 軽く伝えたかったみたいな今回。母親は 目で見えないものは まったく信用しない 信じない、そんな性格らしいですね。まぁ 一般的な 科学至上主義者とでも 言ってもいいかもし...

2007.11.09 23:48 | 幻影現実 私的工廠 ブログ