日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


夏至祭の日に戦ったことで、バルサは過去の用心棒で関わったカルボから狙われることになってしまいました。

夏至祭が終わり、後片付けをしているバルサたちのところへ、カルボから頼まれた手紙を持った子供たちがやってきました。カルボは、バルサの昔の用心棒稼業で破れたことを恨んで、しつこくバルサをつけ狙っていたのです。

バルサが戦いに応じなければ、無関係な旅人が代わりに殺されることになってしまいます。人を殺さないという誓いを立てているバルサでしたが、無関係な旅人を殺させないためにやむなくカルボと戦うことになってしまうのでした。

このところ、原作から離れたお話が続いていますので、カルボとの戦いに迫力はあったものの、そろそろ本筋に関わるお話が見たいなあと思ってしまいました。
バルサと関わってしまった旅人の先生が話した、強さを求め続けるうちに虎になってしまった武人の話では、中島敦さんの「山月記」を思い出しました。(^^;

今回のお話で腑に落ちなかったのは、バルサとカルボの戦いの結末です。
まるで虎のような迫力で戦っていたバルサは、明らかにカルボを斬ったように見えましたが、実際にはカルボは傷を負っておらず、バルサの記憶が抜け落ちていました。
どんな不思議な力が働いて、バルサにとって都合のいい結末を迎えることができたのか、今ひとつ理解できませんでした。

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://ylupin.blog.fc2.com/tb.php/3209-c27f5eaf

精霊の守り人 13話 『人でなく 虎でなく』
バルサ姐さんカコ。゚+.(・∀・)゚+.゚イイ!! カルボのやり方にブチ切れて怒鳴るシーンに思わず鳥肌立ちました'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ ちなみにたまたま隣で見ていた母ちゃんが「この人胸が大きいけど男かい?」と聞

2007.07.06 07:24 | 欲望の赴くままに…。

精霊の守り人 #13 「人でなく虎でなく」
「このままここに身を隠すって手もあるんじゃないのか?」タンダ、何気にプロポーズ!?バルサもあっさりお断り・・・タンダ・・・ご愁傷さまです。。。(涙) ↓ ↓

2007.07.04 07:35 | マンガに恋する女の ゆるゆるライフ

精霊の守り人#13「人ではなく虎でなく」
やっと見つけた!!!!武人から姐さん宛ての手紙を預かった子供たち。険しい眼になる姐さん。カルボといい、いわゆる商売敵。3年前、人買いから依頼人を救い出したとき敵側にいた用心棒。チャグムのことも気付かれたかもしれない。『俺が祭りになんか行ったばかりに』反..

2007.07.03 20:17 | Sweetパラダイス

精霊の守人 ♯13
「人でなく虎でなく」空美麗!もうだいたいの事はできるんだね。おばさんは何かかわいそう。タンダ母さんが心配してるよ。子供預けて口封じですか?そして剣心かしら(違)背景の美麗さに見とれます。トンボまで飛んでる。光と影の演出もキレイ。そんな表情にだしたらだめじ

2007.07.03 10:22 | 朔夜の桜

精霊の守り人 第13話
『人でなく虎でなく』「うるせぇ! 私は虎だッ!近寄ると喰い殺すぞ!!」久々の本格的な短槍アクションに期待を膨らませていたんですが、それに十分応えてくれました。特にバルサ姐さんの中の人の演技! ガチガチのアニ

2007.07.02 21:01 | ACGギリギリ雑記

精霊の守り人 第13話
サブタイトル「人でなく虎でなく」  祭りの騒動により、バルサの生存が彼女に恨みを持つカルボに知られてしまう。  非情な手段でカルボから戦いを挑まれたバルサは...

2007.07.02 19:57 | オヤジもハマる☆現代アニメ

精霊の守り人 13「人でなく虎でなく」
バルサが生きている事、祭りの翌朝にはもうバレてしまいました。それはかつて戦った用心棒の男、カルボ。バルサに負けた屈辱を晴らす為に今まで生きて来たようです。しかしバルサに戦う意思はなく…。出で立ちも短槍も、かなりバルサの真似っこに見えるんですけど、あえて..

2007.07.02 19:43 | はざまの欠片

精霊の守り人 第13話「人でなく虎でなく」
チャグムから離れた途端その目に宿った殺気。 これがバルサの持つ、もう一つの本性なのでしょう。 読み書きを教える先生に、「甘ったるい道徳のセンセイ様かい」というやさぐれた表情を見せるバルサ。 こういうキャラだったのか、と少し意外感が。 決着の解釈がちょ

2007.07.02 19:39 | バラックあにめ日記

精霊の守り人 #13『人でなく虎でなく』
精霊の守り人 2〈初回限定版〉ジェネオン エンタテインメント発売日:2007-07-25Amazy『人を斬らず業を斬る』13話を集約すれば、この一言になるのだろうが、時代劇にありがちな、気持ちよく達観した話ではない。むしろ困窮を極め、慟哭しているように思える今回。タイトルは

2007.07.02 18:51 | シチュー鍋の中の混沌

アニメ「精霊の守り人」第13話 感想。
第13話「人でなく虎でなく」陽がその姿を見せる中で、1人の男はその場にしゃがみこみ、生きていた……と呟く。そして男の咆哮が空を切り裂く。バルサとチャグムの下を訪れた子供達は、武人に託されたと言ってバルサに手紙を渡す。昨日の事で盛り上がっているのをよそに、そ

2007.07.02 18:13 | ぎんいろ(旧夢の日々)。

精霊の守り人 第13話 人でなく虎でなく
第13話 人でなく虎でなく

2007.07.02 17:38 | Happy☆Lucky