日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


風の少女 エミリー VOL.3エリザベス叔母さんと対立したことが原因で、のっぽのジョンがエミリーの大好きな林を切ると言い出してしまいました。

毒リンゴ事件が原因でエリザベス叔母さんとジョンがケンカして以来、エミリーの足はジョンの家から遠のいていました。そんな時、怒ったジョンが林を切ろうとしているという話が聞こえてきました。
エリザベス叔母さんは、あれはジョンの林だから私達がそれを止めることはできないと言います。しかし、林がなくなれば、ジミー叔父さんが大切に育ててきた花々も、冷たい風にさらされて枯れてしまいます。

誰ならジョンを止めることができるのか考え続けたエミリーは、ペリーから隣町のキャシディ神父ならジョンを止めることが出来かも知れないと聞かされます。
それを聞いて、いてもたってもいられなくなったエミリーは、たった1人でキャシディ神父の元へと訪れるのでした。

ペリーから怖い人と聞いていた神父でしたが、エミリーを一目見るなり妖精さんと呼んだり、エミリーの新作の詩に驚いたり、彼もエミリーと同じく"きらめき"を感じることができる人でした。
熱心にお願いするエミリーのために、キャシディ神父は神父としてではなく、ジョンの友人として話をしてみることを約束してくれるのでした。
そして、エミリーの才能を見抜いたキャシディ神父は、彼女に書き続けなさいと励ますのでした。

一方、のっぽのジョンは、毒リンゴ事件以来エミリーが遊びに来てくれないことを寂しく思っていました。
勢いで林を切ると言ってしまったジョンですが、彼もまたエミリーと同じように美しい林を愛していました。
ジョンのセリフはほとんどないのに、木彫りの人形を削る姿や、林を渡る風の音を聞く様子から、ジョンがエミリーが来なくて寂しがっていること、林を愛していることが伝わってくるのがよかったです。

そして神父から話を聞いたジョンが、エミリーの前に現れました。
ジョンはエミリーがお願いしてくれれば林を切らないと言いました。それを聞いて、エミリーは必死で林を切らないようにジョンに訴えるのでした。恭しくそれを承ったジョンは、エミリーに今後も時々は自分の所に来て欲しいこと、リンゴを食べてもいいことを伝えるのでした。

エミリーからジョンが林を切らないと聞いて、ニュームーンの人々は驚きました。そのきっかけを作ったエミリーに、あの頑固なエリザベス叔母さんもエミリーに感謝の言葉を述べました。一度しか言いませんよという、エリザベス叔母さんの頑なさが逆に可愛かったです。(^^;
そして、ジミーから新しいノートがエミリーに手渡されました。古いノートは燃えてしまいましたが、エミリーの溢れるきらめきで、新しいノートは埋まってゆくことでしょうね。

特によかったのは、エミリーがジョンの気持ちになって、誰に言われれば気持ちを変えるか考える場面でした。
美しい詩や物語を生み出す想像力、それは無から有を生み出すだけでなく、他人の気持ちになりきって考えることのできる思いやりの源でもあると思います。

また、エミリーの新作の詩を、エミリーとキャシディ神父が2人で口ずさむ場面もよかったです。
毎回そうですが、詩を朗読するときの川上とも子さんの演技が素晴らしいですね。ざわっと心に風が吹き抜けるような感動があります。

ちょっと気になったのは、エミリーが夕方にキャシディ神父の所を訪ねる場面です。エミリーが帰宅したのは、かなり遅い時間だったようですが、心配したエリザベス叔母さんに怒られなかったのでしょうか!?(^^;
ペリーに仕事を押しつけた上に、夕食の時間に遅れて、エミリーが怒られるのではないかとヒヤヒヤしていました。

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://ylupin.blog.fc2.com/tb.php/3101-88c92e0a

逆 わらしべ長者
{/kaeru_love/}一本のわらは、龍蓮に秀麗の友情をくれたんですね。秀麗って、若いのにお母さんみたい{/hikari_pink/}{/hikari_pink/}『彩雲国物語』 第5話 努力に勝る天才なし秀麗には、劉輝が身代わりになったあれからも、毒を盛られ続けられているようです。そんな話を

2007.05.21 18:21 | マイ・シークレット・ガーデン

「風の少女エミリー」第7話観ましたっ☆
ジョンが林を伐採するという事を知り驚くエミリー…っ!それは大好きなその林一帯の風景が失われてしまうだけにとどまらず、ニュームーンの植物たちにも影響を及ぼしてしまう一大事っ。林がある事で、海からの塩害から守られていたニュームーンの植物たち。その中にはジミー

2007.05.20 19:39 | 魔女のホーキのおしゃべり