時々の記録

コンピュータとアニメ感想etc.のブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › アニメ更新終了 › 風の少女エミリー › 風の少女エミリー #6
2007-05-12 (Sat) 22:26

風の少女エミリー #6

マレー家の土地の側には、のっぽのジョンと呼ばれる陽気で冗談の好きな男性が住んでいます。

前回のお芝居で喝采を受けたものの、相変わらずエリザベス叔母さんはエミリーが物語や詩を書くことを許してはくれません。おかげで、エミリーは屋根裏に隠れて亡くなったお父さんへの手紙すら書いています。

エミリー、イルゼ、テディ、ペリーは、美しい林を抜けて、よくのっぽのペリーの所へやって来ます。
藁の上に寝転がったり、勝手においてあったリンゴを食べてしまったり、そこは子供たちの息抜きの場所になっているようです。

そして、陽気な性格のジョンも子供たちの人気者です。マレー家の先祖がジョンの一族に土地を売ってしまったことが不満なエリザベス叔母さんは、時折そこに訪れては土地をマレー家に売るように交渉しているようです。
しかし、ジョンにはそんな気持ちは全くありません。逆に、傲慢で頑固なエリザベス叔母さんの様子をからかって、子供たちの前で物まねをして大笑いさせているくらいです。

このジョンの物まねの直後に、それと同じセリフを言うエリザベス叔母さんには笑ってしまいました。エミリーは必死で笑いをこらえていましたが、ジョンの物まねは本当にそっくりでしたね。(^^;

子供たちにリンゴを食べられたことに気づいたジョンは、ちょっとしたいたずらを思いつきました。
リンゴを入れたカゴの中に、このリンゴはネズミ退治のための毒入りリンゴだというメモを残したのでした。
ちょっとしたいたずらだったのですが、エミリーがそのリンゴを食べたことから大騒動になってしまいました。

普段のエミリーだったら、ジョンの冗談に気がついたかもしれません。しかしエミリーはその日、エリザベス叔母さんに文章を書きためてきたノートを取り上げられそうになり、自らの手でノートを焼き捨ててしまったのです。
書き留めた文章が永遠に失われてしまったことを悲しむエミリーは、ジョンの家へやって来て置いてあったリンゴをやけ食い(?)してしまいました。

しかし、リンゴの側には毒リンゴというメモが!
自分はもう死ぬのだと思いこんだエミリーは、みんなに宛てての遺書を残して死の時を待つのでした。
やがて帰宅したペリーやローラ叔母さんは、エミリーが毒リンゴを食べたと知って大あわてです。しかし、エリザベス叔母さんだけは、冷静に事態を把握してジョンの所に乗り込んでいったのでした。

エミリーが酷い目にあった怒りもあったのかもしれませんが、エリザベス叔母さんはいつも以上に高飛車にジョンに土地を明け渡すことを要求しました。その態度に怒ったジョンは、なにやら仕返しを考えているようです。
毒リンゴをきっかけに、事態は思わぬ方向へ進んでしまいました。エミリーは、この騒動をうまく治めることができるのでしょうか。

最終更新日 : 2022-10-30

* by ある名作ファン
>ジョンの物まね
エミリーがエリザベスおばさんの前で大笑いしてしまうのではないかとひやひやしました。(笑)

>ノートを焼き捨ててしまった
原作ではエミリーを引き取るためエリザベスが来たときに起こった事件です。

お父さんとの思い出、かけがえのない思い出とひらめきの記憶を一度に失ってしまったエミリーの悲しみは、言葉では言い表せないほど深かっただろうと思います。

ちょっとギャグっぽい「毒りんご」のエピソードと連結してしまったので、エミリーの悲しみがあっさり終わってしまって、ちょっと物足りない気もします・・・。

* by 横溝ルパン
こんばんは。いつもお世話になります。

今回は、1話完結のギャグ話かと思っていたのですが、次回へと続くお話になっていたのが意外でした。
赤毛のアンで、ダイアナがイチゴ酒を飲んでしまうお話がありましたが、ああいったノリのお話になるのかと思ってました。(^^;

次回へ続く形になっていたので、今回は感想はひかえめにしましたが、確かにエミリーが大切なノートを焼いてしまう場面の悲しみが、毒リンゴ騒動でかき消されてしまった感じでしたね。

ある名作ファンさんのイラストにもありましたが、今回のジョンの毒リンゴの書き置きに、毒にやられているネズミの絵が描かれていたのは茶目っ気があっていいなあと思いました。(^^) テディとは別の意味で、うまい絵だな~と感心しました。(笑)

管理人のみ閲覧できます * by -

* by さいた
こんにちは~

エミリーが大切なノートを焼いてしまう場面なんですが、エリザベス伯母さんに迫られたとは言え、なんで自ら焼いてしまうのかが今ひとつ理解できませんでした。僕ならどんなに叱られようが大切なものは焼いたりしません。例えばエミリーが叱られるのを承知で、ノートを抱えて表に駆け出すのなら理解できるんですけど…。

* by 横溝ルパン
こんにちは。いつもお世話になります。

ノートを焼いてしまったエミリーの行動ですが、私はエミリーの気性の激しさ+お父さん宛の手紙を誰にも読まれたくなかったからかなあと思いました。(エリザベス叔母さんの悪口も書かれていましたし^^;)

それとも、ノートはもしかしたら、エミリーにとって聖域だったのかもしれませんね。他人にその存在を知られることすら耐えられなくて、そうなったら自ら破壊してしまうしかないくらいの。

* by さいた
お返事をありがとうございます。

なる程…、きっとエミリーは、そんな気持ちだったのかもしれませんね。

できればそんなエミリーの感情も、ちゃんと描写して欲しかったですね。「風の少女エミリー」は、感情を丁寧に描いてくれるドラマだと思ってますので…。ところで原作はどうなんでしょうね?ちゃんと書いてあるのかな?

* by 横溝ルパン
こんばんは。またまたありがとうございます。

今ちょうど原作のその部分を読み終えたのですが、心情描写が書き込まれているので、エミリーがノートを燃やしてしまった気持ちがよくわかります。

原作では、ニュームーンに向かう前にエリザベス叔母さんにノートを見られそうになって燃やしてしまうのですが、この方がお話の流れとしても自然ですね。

アニメでも、これまでに創作することはエミリーの一部というセリフがありましたが、今回のエピソードではそれが毒リンゴ事件で中途半端になってしまってますね。

Comment-close▲

Comment

>ジョンの物まね
エミリーがエリザベスおばさんの前で大笑いしてしまうのではないかとひやひやしました。(笑)

>ノートを焼き捨ててしまった
原作ではエミリーを引き取るためエリザベスが来たときに起こった事件です。

お父さんとの思い出、かけがえのない思い出とひらめきの記憶を一度に失ってしまったエミリーの悲しみは、言葉では言い表せないほど深かっただろうと思います。

ちょっとギャグっぽい「毒りんご」のエピソードと連結してしまったので、エミリーの悲しみがあっさり終わってしまって、ちょっと物足りない気もします・・・。
2007-05-15-22:28ある名作ファン [ 返信 * 編集 ]

こんばんは。いつもお世話になります。

今回は、1話完結のギャグ話かと思っていたのですが、次回へと続くお話になっていたのが意外でした。
赤毛のアンで、ダイアナがイチゴ酒を飲んでしまうお話がありましたが、ああいったノリのお話になるのかと思ってました。(^^;

次回へ続く形になっていたので、今回は感想はひかえめにしましたが、確かにエミリーが大切なノートを焼いてしまう場面の悲しみが、毒リンゴ騒動でかき消されてしまった感じでしたね。

ある名作ファンさんのイラストにもありましたが、今回のジョンの毒リンゴの書き置きに、毒にやられているネズミの絵が描かれていたのは茶目っ気があっていいなあと思いました。(^^) テディとは別の意味で、うまい絵だな~と感心しました。(笑)
2007-05-15-22:52横溝ルパン [ 返信 * 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-05-15-23:07  [ 返信 * 編集 ]

こんにちは~

エミリーが大切なノートを焼いてしまう場面なんですが、エリザベス伯母さんに迫られたとは言え、なんで自ら焼いてしまうのかが今ひとつ理解できませんでした。僕ならどんなに叱られようが大切なものは焼いたりしません。例えばエミリーが叱られるのを承知で、ノートを抱えて表に駆け出すのなら理解できるんですけど…。
2007-05-16-17:06 さいた [ 返信 * 編集 ]

こんにちは。いつもお世話になります。

ノートを焼いてしまったエミリーの行動ですが、私はエミリーの気性の激しさ+お父さん宛の手紙を誰にも読まれたくなかったからかなあと思いました。(エリザベス叔母さんの悪口も書かれていましたし^^;)

それとも、ノートはもしかしたら、エミリーにとって聖域だったのかもしれませんね。他人にその存在を知られることすら耐えられなくて、そうなったら自ら破壊してしまうしかないくらいの。
2007-05-16-17:32横溝ルパン [ 返信 * 編集 ]

お返事をありがとうございます。

なる程…、きっとエミリーは、そんな気持ちだったのかもしれませんね。

できればそんなエミリーの感情も、ちゃんと描写して欲しかったですね。「風の少女エミリー」は、感情を丁寧に描いてくれるドラマだと思ってますので…。ところで原作はどうなんでしょうね?ちゃんと書いてあるのかな?
2007-05-16-18:07さいた [ 返信 * 編集 ]

こんばんは。またまたありがとうございます。

今ちょうど原作のその部分を読み終えたのですが、心情描写が書き込まれているので、エミリーがノートを燃やしてしまった気持ちがよくわかります。

原作では、ニュームーンに向かう前にエリザベス叔母さんにノートを見られそうになって燃やしてしまうのですが、この方がお話の流れとしても自然ですね。

アニメでも、これまでに創作することはエミリーの一部というセリフがありましたが、今回のエピソードではそれが毒リンゴ事件で中途半端になってしまってますね。
2007-05-16-20:33横溝ルパン [ 返信 * 編集 ]

Trackback


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
「風の少女エミリー」第6話観ましたっ!
今回のお話は前半は面白可笑しく見せてくれたけど、後半へ行くにしたがって雲行きが怪しくなってきました…(汗)!なんだか今回の事がキッカケで、次回思わぬ事態へ発展してしまいそうですっっ!?いつの時代も土地問題…所有権のゴタゴタは面倒で厄介ですねぇ…(-"-; …
2007/05/15 15:21 魔女のホーキのおしゃべり
ティーバックが破れた時の対処法
{/hiyo_oro/}紅茶ではなく、麦茶パックです。どうしようかな~?と置いといたら、ダンナがホッチキスで止めて使ってた。お茶が出たら早めに取り出せば良かったのに、そのまま使っていたら麦がバラけて出てきちゃったョ {/cups/}*お知らせ*変なコメントがしつこくて困るの …
2007/05/14 18:51 マイ・シークレット・ガーデン