日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


今回も王子様カズヤの暴走っぷりが激しいお話でした。(^^;

カズヤの元までたどり着いた京四郎、ソウジロウ、ひみこ。しかし、彼らを待っていたのはカズヤの陶酔した世界でした。(笑)
1人で立ち向かっていった京四郎を昔のようにいぢめようとするカズヤ。しかし、そのいぢめっ子のお兄ちゃんは、無闇にキラキラしていたのでした。(^^;

そして、京四郎の声もむなしく、たるろって、かおん、せつな、空が1つになる時がやってきました。
ワルテイシアが、たるろって、かおん、せつな、空、それぞれの思いを1つにして、ついに完全なる絶対天使バスティーユの登場です。

今までせつなたちが戦う時、どうしてロボの一部みたいなのが出てくるのかと思っていたのですが、合体すると完全なロボが完成する仕様になってたんですね。この設定には驚きました。

ようやく登場したバスティーユですが、なぜか事態はカズヤの思惑通りには進みませんでした。
空を取り返すためにバスティーユに向かう京四郎を助ける戦いの中、ソウジロウが、ジンが、ひみこが次々と鋼鉄天使に倒されてゆきます。もうダメかと思ったその時、バスティーユに異変が!

たるろって、かおん、せつなの思いが、空を京四郎と結ばせるために動いていたのです。
今までキラキラしてきたカズヤもこれにはびっくり。たるろっての蹴りで、ぷちっという感じで潰されていましたが、あれで倒されちゃったのでしょうか。(^^;

王子様カズヤを待ちわびていたかと思われた空の心は、それよりも先に京四郎への思いで満たされていたのでした。バスティーユから落下する空を受け止め、空中で微笑み合う京四郎と空。ラブラブですねえ。

次回でいよいよ最終回です。たるろって×ソウジロウ、かおん×ひみこは確定として、せつなはどうなってしまうのでしょうか。あんなに京四郎のことが大好きで尽くしてきたのに、最後が空×京四郎では、かなり可哀想だと思うのですが・・・。

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://ylupin.blog.fc2.com/tb.php/3035-4cbced1c

京四郎と永遠の空
第11話 『天使回廊』  仲間の多大な犠牲により、「空」の元に辿りつく「京四郎」であったが、カレの叫びにも応答しない「空」はすでに記憶からはずされてしまったのか?しかしあえて云うなら「京四郎」は「せつな」の

2007.04.30 22:04 | まるとんとんの部屋

「京四郎と永遠の空」11話 天使回廊
カズヤがあいかわらずすごい。ソウジロウに攻撃を返されて説得を受けても「もっと褒めてくれ!」てもっと責めてくれと言ってる様にしかみえないし、「アンタ、ドSなだけじゃなくてドMでもあるのか」と笑うしかなかった。

2007.04.30 12:12 | 蒼碧白闇

あなたの街の名物は?
{/hiyoko_cloud/}私が住んでるショボイ町。アド街で無理矢理な紹介をされていたけど、名物と数えられてたものが、ふたつは確実に消えてます {/hiyo_shock2/}『ケロロ軍曹』 第152話 【ケロロ 出没!アド星ック天国 であります】ケロロは全宇宙にペコポンを紹介する、

2007.04.29 22:46 | マイ・シークレット・ガーデン

京四郎と永遠の空 #11 「天使回廊」
可愛いチエロよ~♪ハレ~ル~ヤ~♪どこまで笑わせてくれるの!ψ(`∇´)ψ ウキョキョキョキョもう本当に最高に可笑しいです、カズヤ兄さん(笑) ↓ ↓

2007.04.29 22:30 | マンガに恋する女の ゆるゆるライフ

京四郎と永遠の空11話「天使回廊」
いよいよ始まる儀式。カズヤ兄さん、京四郎に相変わらず容赦ないなんだから~(><)「もっと酔わせておくれ」ってカズヤ兄さんどんどん変になってってるよ!!とどめは「ハレル~~ヤ!!!」ぎゃははははは!!可笑しいよこの人!!めっちゃバカだって!!やっぱ成剣さ..

2007.04.29 19:59 | ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆

京四郎と永遠の空 第十一話
ハレルーヤァァアアア!!

2007.04.29 19:47 | Ηаpу☆Μаtё

京四郎と永遠の空 第11話
今回は絶対天使、天使の牢獄バスティーユが現れるお話でした。カズヤは相変わらず変態ぶりを発揮していますが、話そのものはもはや意味不明。最後にはカズヤ踏み潰されてしまったんですけど(笑)。

2007.04.29 19:30 | パズライズ日記

京四郎と永遠の空 第11話「天使回廊」
うーん、最終決戦っぽいのに盛り上がらないなあ。 と言うのも予算も余裕も無いのか作画がかなり辛く、その作画に出来ない事をなるべくさせまいとする演出さんの涙ぐましい止め絵の数々。 「美」を描く作品でビジュアルがヘロヘロですと、さすがに辛いか。 次週、最終

2007.04.29 17:56 | バラックあにめ日記