日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

ビームコミックス エマ 8巻(通常版)7巻までで本編は終わり、8巻からは番外編になりました。

本編のお話は、7巻の展開が早すぎる気がして、最後は今ひとつ好きになれませんでした。
特に気になったのがエレノアの扱いです。彼女自身が恋に恋して舞い上がっていた部分もありますが、圧倒的に悪いのはウィリアムです。モニカのパンチ1発で、それが清算できたとはとても思えませんでした。

7巻が今ひとつだったので、8巻の購入は迷いましたが、内容が気に入らなかった速攻で手放してしまうことにして買ってきました。(^^;
結果は、買って大正解でした。ウィリアムとの一件で、心に深い傷を負ったエレノアが救われるお話も収録されていましたし、ケリーが亡き旦那さんと一緒に万博に出かけるお話も楽しかったです。

特に気に入ったのは、やはりその後のエレノアのお話です。エレノアは保養地で、アーネスト・リーヴという青年と知り合います。今後はエレノアとアーネストの関係が進展していくんだろうなあと思いつつ、お話の中でアーネストがウィリアムのやったことを「最低のこと」「男として恥ずかしいこと」と言い切り、エレノアは何も悪くないと断言してくれたことです。(/_;) エレノア・ファンとしては、ようやくこれで胸のつかえが取れたような気がしました。

8巻は、様々なお話が収録されていて面白かったですが、さらに驚いたのは「MANOR HOUSE」の日本語版DVDの発売のお知らせが付属していたことです。ホームズ、クリスティなどで英国好きになった人間としては、これはぜひ視聴してみたい作品です。
スペシャルBOXは、オンライン限定販売ということで16,800円とお値段がやや高いですが、何とか資金をやりくりして購入したいなあ。

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://ylupin.blog.fc2.com/tb.php/2939-1bde687a

『エマ』(著:森薫)8巻を読みました。
=== 『エマ』8巻を読みました。(著:森薫/出版:エンターブレイン) ===[[attached(1,center)]]短編シリーズ全6編が収録されます。 昔の話だったり、その後の話だったり。エマとウィリアムの話はなく、番外編です。表紙のカップル、絵を見て誰だかお分かりにまりますか?

2007.04.01 20:54 | ジャスタウェイの日記