日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › アニメ更新終了 › 姫ちゃんのリボン › 姫ちゃんのリボン #6
2006-10-07 (Sat) 00:38

姫ちゃんのリボン #6

壊れたリボンで変身したために、大地の姿から元の姿に戻ることができなくなった姫ちゃん。

とりあえず自宅に帰って作戦を考えようと、庭の木をよじ登り部屋に入り込もうとします。しかし、それを夢子に見つかって、泥棒と勘違いされて追い回される有様です。
結局、逃げ場を失って、公園、図書館などを渡り歩きます。しかし、お金がなくてご飯を食べることもできず、姫子はもうヘロヘロです。

そんな時、姫子は大地が利用していた空き家のことを思い出しました。あそこなら身を隠せるだけでなく、食料すら手にはいるかもしれません。意気揚々と隠れ家へやって来た姫ちゃん大地ですが、なんと前で本物の大地と出くわしてしまいました。
なんとか大地の手から逃げ出したものの、行き場を失って公園で寒さに震えるホームレスさん状態です。

その頃、家族や友達は行方不明になってしまった姫子を探して大騒ぎです。そんな一子や愛美と姫ちゃん大地はばったり出会います。必死で自分を捜し回ってくれている友達の姿に、思わず涙ぐんでしまう姫ちゃん。
もう2度と元の姿に戻れないのかと思ったら、いつの間にか魔法の力は失われ、姫子は元の姿に戻っていました。自分という存在の大切さを、あらためてかみしめる姫子でした。

喜び勇んで帰宅した姫子に、お母さんが怒りのビンタ。姫子の失踪で、本当に数多くの人たちが心配したのです。普段は仕事に追われている上に、口では怒っていましたが、お母さんが姫子のことをいかに大切に思っているかが伝わってくる名場面だったと思います。

いろいろと苦労はしましたが、自分や家族、友達の大切さに改めて気がつく姫子でした。
ポコ太も前のように話せるようになって、最後はいつもの「行け、行け、ゴー、ゴー! ジャ~ンプ!」でしたね。

姫ちゃんはしばらくリボンを使うのを自粛すると言っていますが、大地は姫ちゃんを取り巻く不思議な力の存在に気がつき始めているようです。自分の周囲を探られて、活動的な姫ちゃんがおとなしくしていられるのでしょうか。

最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可