日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › アニメ更新終了 › 雪の女王 › 雪の女王 #2
2005-05-29 (Sun) 21:26

雪の女王 #2

貧しいけれど明るく元気で健気な女の子ががんばるお話っていいですね。物語としてはありふれた設定、ありふれた性格なのですが、今はこういう作品が少なくなってしまったので本当に貴重です。

今回のお話では、ゲルダのおばあさんマティルデが病気で倒れてしまいました。もしもマティルデが亡くなれば、ゲルダは独りぼっちになってしまいます。カイのお父さんがお医者さんを連れに隣町まで行きますが、吹雪のために思うように進むことができません。
ゲルダは前に高い熱を出したときにおばあさんが薬草を飲ませてくれたことを思い出して、雪の降る中を川の畔に薬草を探しに行くのでした。そんな時に、オーロラとともに町の上空に雪の女王が現れます。
オーロラの明かりに照らされた薬草を見つけ出したゲルダは、それをおばあさんに飲ませて無事おばあさんの病気は治ったのでした。

ゲルダのお父さんはハンサムで、お母さんは美人でしたから、きっと年頃になったらゲルダも美しい女性になるでしょうね。普段は元気に振る舞っているゲルダですが、やはり両親がいないのは寂しいのでしょうね。カイの所がやさしい両親にかこまれているので、ゲルダの家庭の寂しさが際だっているように感じました。

いよいよ雪の女王が2人の前に姿を現しました。これから物語は大きく動いてゆくことになりそうですが、どんなお話になってゆくのか楽しみです。

最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可