日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › アニメ(その他) › ロビンフッドの大冒険 #4
2006-05-28 (Sun) 13:51

ロビンフッドの大冒険 #4

ロビンたちが、森の中に住み家となる場所を見つけるお話でした。

森の中で野宿するのは、かなりたいへんなようです。ウィニフレッドやバルバラが文句を言い出したために、ロビンたちは住むための場所を探すことになりました。
しかし、ロビンは体力作りに一生懸命で、どうにも住まい探しに熱が入りません。ロビンは、前回ギルバートに屈辱的な負け方をした悔しさを忘れられなかったのです。

また、ロビンたちと行動を共にするマリアンでしたが、マリアンがアルウィン男爵の元へ行かなければ、マリアンの両親たちが危険にさらされてしまいます。住まい探しの途中で、マリアンはこっそりロビンたちの元から抜け出しました。
しかし、そんなマリアンにアルウィン男爵が放った猟犬部隊が襲いかかってきたのです。

犬に襲われるくらいなら、自ら命を絶とうとするマリアンでしたが、すんでのところでロビンが助けに駆けつけました。ロビンはマリアンをかばい、自らがおとりとなって猟犬たちを引きつけます。しかし、ロビンが逃げ込んだ場所は、狼たちの住み家だったのです。

絶体絶命のロビンを救ったのは、なんと巣を襲われた狼たちでした。狼たちも、自分の子供たちを守るために必死だったのです。その姿を見て、ロビンはお父さんから男は強いだけではダメだと言われたことを思い出したのでした。

ラストの草笛を吹くロビンと、その音につられたマリアンが心を通わせる場面は、このお話の最大の見どころです。草笛のメロディの美しさと、普段は見せないロビンの悲しみを垣間見たマリアンが、優しくロビンに寄り添う場面が素敵です。

最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可