日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › アニメ更新終了 › ムーミン › たのしいムーミン一家/ヤンソン
2006-05-20 (Sat) 23:09

たのしいムーミン一家/ヤンソン

たのしいムーミン一家前々から読みたいと思っていたムーミンの原作本を、ようやく読むことができました。

基本的なストーリーの流れは、アニメの「楽しいムーミン一家」の第1話から第8話までに近いですが、ミーが登場しなくて、じゃこうねずみが早くから登場しているのに驚きました。
その他では、スノークの出番が多いのと、スナフキンがお話の途中で一人旅に出てしまうのが意外でした。

お話も興味深いですが、もっと気になったのはヤンソンさん自身が描かれた挿し絵です。アニメのムーミンは、旧作も新作も可愛らしい雰囲気ですが、原作の挿し絵はどこかおどろおどろしい怖さを感じさせる絵が何枚もありました。それが、単なる楽しいだけではない物語の雰囲気を、より魅力的にしているように思いました。

ちょっと戸惑ったのは、子供向けに翻訳されたせいか、ひらがなが多すぎて読みづらかったことです。文庫本という制約もあるのかもしれませんが、難しい漢字でもルビを振れば子供でも読めますので、全体的にもう少し漢字を使って欲しかったなあと思いました。

最終更新日 : -0001-11-30

最初の印象によって違うかも。 * by ファウスト
初めまして。「ムーミン」で検索かけて来ました。私はいつか部屋をムーミンだらけにしたいですね。本はそうですね、私は文庫本で大体読みましたがアニメを見なかった身としては逆に「愛らしい」感じが弱いかもしれません。なんだか哲学的な本だったと思います。失礼します。

* by 横溝ルパン
はじめまして。コメントありがとうございます。

このところムーミン関連の更新が滞っていますが、ムーミン絵皿がもらえるキャンペーンをコンビニでやっていた時には、しっかりクーポンを集めて入手しました。(^^)

アニメのムーミンは、子供向けにかなり可愛らしく描かれていますね。それに内容も、何だか深いものがありますね。
それまでアニメしか知らなかったので、原作はいろいろな意味で驚きでした。

* by きつねのるーと
いつもアニメ関連のTBでお世話になっています。懐かしいタイトルを観たのでコメントしてみますね。

ムーミンの原作を初めて読んだのは小学生の頃なのでもう30年以上前の話です。今、手に入るムーミンの著作はその頃読んだ子供向けハードカバー本と内容がまったく同じものなので、今の趣向で読むと読みにくいかも知れませんが、下手なライトノベルよりは文字数が多いので読み応えはそれなりにありますね。
その原作を知っていて観た「楽しいムーミン一家」シリーズのアニメは原作のイメージを大変良く掴んでいて原作者のトーベヤンソン女史もかなり気に入っていたそうです。その前にフジ系列で放映した「ムーミン」のイメージで観ていた私にはかなり新鮮でした。古いムーミンのアニメはCVがかなり豪勢でしたので慣れるのにCV的に慣れるまで時間がかかったのを覚えています。

古い記事に今更コメントを残してお騒がせです。ではでは「

* by 横溝ルパン
こんにちは。こちらこそいつもお世話になります。

私は最初のムーミンとの出会いが、古いアニメだったものですから、原作を読んだ時には「あれ!?」となりました。でも、じっくりと読んでみると、独特の味わいがあって面白いなあと思いました。
「楽しいムーミン一家」は、放映時には旧ムーミンとの違和感が大きくて見られなかったのですが、原作を知った上であらためてDVDを借りてきてみてみると、原作に近い味わいがあっていい作品ですよね。(^^)

・・・ムーミンの感想も書かなきゃと思いつつ、ついつい目先のアニメに追われて視聴が進んでいません。(^^;
新しいものに目を向けるだけでなく、古くていいものも取り上げていきたいと思いますので、これからもよろしくお願いします。

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

最初の印象によって違うかも。

初めまして。「ムーミン」で検索かけて来ました。私はいつか部屋をムーミンだらけにしたいですね。本はそうですね、私は文庫本で大体読みましたがアニメを見なかった身としては逆に「愛らしい」感じが弱いかもしれません。なんだか哲学的な本だったと思います。失礼します。
2008-01-30-00:40ファウスト [ 返信 * 編集 ]

はじめまして。コメントありがとうございます。

このところムーミン関連の更新が滞っていますが、ムーミン絵皿がもらえるキャンペーンをコンビニでやっていた時には、しっかりクーポンを集めて入手しました。(^^)

アニメのムーミンは、子供向けにかなり可愛らしく描かれていますね。それに内容も、何だか深いものがありますね。
それまでアニメしか知らなかったので、原作はいろいろな意味で驚きでした。
2008-01-30-07:58横溝ルパン [ 返信 * 編集 ]

いつもアニメ関連のTBでお世話になっています。懐かしいタイトルを観たのでコメントしてみますね。

ムーミンの原作を初めて読んだのは小学生の頃なのでもう30年以上前の話です。今、手に入るムーミンの著作はその頃読んだ子供向けハードカバー本と内容がまったく同じものなので、今の趣向で読むと読みにくいかも知れませんが、下手なライトノベルよりは文字数が多いので読み応えはそれなりにありますね。
その原作を知っていて観た「楽しいムーミン一家」シリーズのアニメは原作のイメージを大変良く掴んでいて原作者のトーベヤンソン女史もかなり気に入っていたそうです。その前にフジ系列で放映した「ムーミン」のイメージで観ていた私にはかなり新鮮でした。古いムーミンのアニメはCVがかなり豪勢でしたので慣れるのにCV的に慣れるまで時間がかかったのを覚えています。

古い記事に今更コメントを残してお騒がせです。ではでは「
2011-01-21-02:55きつねのるーと [ 返信 * 編集 ]

こんにちは。こちらこそいつもお世話になります。

私は最初のムーミンとの出会いが、古いアニメだったものですから、原作を読んだ時には「あれ!?」となりました。でも、じっくりと読んでみると、独特の味わいがあって面白いなあと思いました。
「楽しいムーミン一家」は、放映時には旧ムーミンとの違和感が大きくて見られなかったのですが、原作を知った上であらためてDVDを借りてきてみてみると、原作に近い味わいがあっていい作品ですよね。(^^)

・・・ムーミンの感想も書かなきゃと思いつつ、ついつい目先のアニメに追われて視聴が進んでいません。(^^;
新しいものに目を向けるだけでなく、古くていいものも取り上げていきたいと思いますので、これからもよろしくお願いします。
2011-01-21-15:59横溝ルパン [ 返信 * 編集 ]