日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


第14話から第24話あたりまでをまとめたお話でした。メインは第16話のラギさんの過去がかいま見える、炭坑でのお話でした。

ゲルダの長い旅の間には、楽しいことばかりでなく死という重い現実に直面することが何度もありました。
ろくでなしと罵られながらも、病気の痛みをお酒で紛らわせ息子のためにお金を残して死んでいったヘレーネ、あまりにも有名なマッチ売りの少女・マリアの痛ましい死。
そんな悲しさを乗り越えて、ゲルダのカイを探し求める旅は続けられたのです。

総集編で振り返ってみても、ハンスはいてもいなくてもいいようなキャラでしたね。(^^;
決して悪い人ではないと思いますが、ああ次々と発明品を壊されては、それに出資した人たちが気の毒だと思うんですけどねえ。

それに比べて、やっぱりラギさんはカッコいいですね。部下が全滅して自分一人だけが生き延びてしまったという苦しい過去を背負いながらも、言い分けはしないし(反撃はしてましたが^^;)、前に進むことを投げ出さないですから。

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://ylupin.blog.fc2.com/tb.php/2221-3e6956cb