日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


雪の女王 Vol.5ゲルダとラギがたどり着いた村は、春の到来を祝うお祭りの最中でした。
そこでゲルダはバーテルとクリスティーネの二人と友達になりました。3人の様子を不思議なおばあさんが窺っていました。おばあさんは、3人に一つだけ願いをかなえてくれるという、不思議なクルミをくれました。

3人はどんなことを願おうか考えます。バーテルの願いは、クリスティーネとゲルダの願いがかなうことでした。クリスティーネの願いは、金の馬車に乗ったお姫さまになること。
ゲルダの願いは、もちろんカイと再会することです。

クリスティーネの願いに応えて、3人の前に本当に金の馬車が現れます。しかし、誰がそれに乗るのか、誰がお姫さまになるのか言い忘れたので、クリスティーネが本当にその願いをかなえることはできませんでした。
クリスティーネは、クルミの力を信じてはいなかったのです。クリスティーネには、本当にかなえたい願いがありました。それは病気で亡くなったお母さんと会うことです。

そんなクリスティーネのために、ゲルダは自らのクルミの力を使って夢の中でクリスティーネをお母さんと会わせるのでした。ゲルダの願いを聞いたのに、不思議なことにクルミは消えませんでした。でも、きっとゲルダはそのクルミを使わないでしょうね。カイには自分の力で会えると信じているでしょう。

今回のお話では、ラギさんがいつもとちょっと違った歌を歌うのもおもしろかったです。酔っぱらったバーテルのお父さんにからまれて困っているラギも、普段の沈着冷静なラギとは違った一面が見られてよかったです。

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://ylupin.blog.fc2.com/tb.php/2151-9302b777

雪の女王・21話
「3つのくるみ」  今回の話は少女クリスティーネの悲しみが表現できてませんでした。オーソドックスな手法でも良いので、クリスティーネの心情を表現した方が良かったと

2006.04.18 16:26 | アニメ批評空間 (AnimeScape)