日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


ようやく水曜日のアニメまで追いついてきました。(^^;

前回がいいところで終わったので、今回も期待していたのですが、ちょっとだけ期待はずれだったかも。
鈴音のお兄さんって、ルールも知らないのにアメフトのプロになるつもりでいたんですね。すごい大物かも。キャラ的には、蛭魔やモンタと微妙に被る部分があるんだけど。あ、でもあの体の柔軟性は凄いよね。

入団テストのため、2つのチームに分かれて試合。瀧くん。どうなるかと思いましたが、意外と活躍しています。凄いよ、この人。でも、相手チームに瀧くんを嫌っている巨漢2人組がいて、良かったのは最初だけ。メタぼろにされてしまいます。
そんな瀧くんをセナが支援。早くもデスマーチの成果が、セナに現れ始めていたのでした。
結局、入団テストは瀧くん時期尚早、セナは合格でしたが逃亡(笑)。でも瀧くんはデビルバッズに。高校に合格してないけど、一緒にやってもいいの?という気もするけれど、たぶん瀧くん、アメフトできればどこでもいいみたいだし大丈夫だよね。

この2回にわたるお話は、セナが蹴っていた石が横道にそれたところから始まりました。最後はちゃんとなくした石を見つける描写が欲しかったです。

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://ylupin.blog.fc2.com/tb.php/1877-7b058eb1

アイシールド21
第34話 ゴーストの胎動 バカ兄様は、実は才能あるのに、ルールもポジションも知ら

2005.11.29 02:25 | 好きなものを好きと言える幸福