日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆


今頃なんですが、DVDを借りて見始めました。登場人物が多くて誰が誰だかわからないところもあるんですが、けっこうおもしろかったです。

監督は福田己津央さん。昔、サイバーフォーミュラとかやってましたね。SINまでしっかり見ました。ブリード加賀が、かなり好きでした。その監督さんが作られた作品ということで期待が高まります。

とりあえず1巻に収録されていた第1話から第4話まで見ました。まったくオリジナル展開なのかと思ったら、ファースト・ガンダムをかなり意識したストーリー展開になっていますね。平和なコロニーにマスクをかぶった敵役が新型モビルスーツを偵察にやってきてというあたりが。

お話的におもしろかったのが、キラとアスランという親友同士が敵同士として再会してしまったというところです。キラの方には戦う気はなくても、あの状況でガンダムにのって反撃されたらアスランに誤解されてもしょうがないですね。これから先、この2人の因縁をもとにお話が進んでゆくのかなあ。

物語中にでてくるコーディネイターという存在が今ひとつわからないです。ファースト・ガンダムのニュータイプとは違うみたいだし、ソフトウェアの作成とかロボットの操縦とかにすぐれた能力を発揮する人間ってことかな?
でも、OSを書き換えたって敵が襲ってくるまでのあの一瞬でそんなことできるなんて、キラってすごすぎ!(^^;
そういえば、ガンダムが起動したときにOSの名称としてGUNDAMと表示されたけど、この世界でのガンダムはガンダムというOSで動くモビルスーツということなのかなあ。

それから、ザフトのアスランと一緒にガンダムを奪取した男の子たちは、ガンダムWのヒイロたちみたいですね。なんとなく美少年揃いだし。そういえばこの子たちも、自爆装置を解除してまんまとガンダムを奪取したんですから、すごい能力の持ち主ってことですね。

掲載から1ヶ月以上経過した記事へのコメントには、原則として返信しません。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
https://ylupin.blog.fc2.com/tb.php/1605-8d686c16