時々の記録

コンピュータとアニメ感想etc.のブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › アニメ更新終了 › 名探偵ポワロとマープル › 名探偵ポワロとマープル #8
2005-07-07 (Thu) 20:39

名探偵ポワロとマープル #8

ついにABC殺人事件の犯人が逮捕されました。しかし、ポワロはその犯人が真犯人ではないことを見破っていました。

カストというその男は、気弱そうでとても今回の事件のような大胆な殺人事件を行うような人物ではありませんでした。しかし、警察はDの事件の時の凶器を彼が所持していたことから、彼を犯人と断定します。ですが、カストには第2の事件ベティさん殺人事件の時に現場から20kmも離れたところにいたというアリバイがありました。

真犯人発見のヒントは、メイベルがもらした「ベティさんが殺されたのだけは他の人がやったのかしら」という一言でした。この言葉がきっかけとなって、ポワロは事件を根本的に考え直してみたのでした。
その後はあれよあれよという間に事件が解決してしまい、ちょっと戸惑ってしまいました。真犯人逮捕の決め手もポワロの嘘で説得力に欠ける感じでした。

原作を読んだときには、意外な真犯人に驚いた記憶があったのですが、アニメではその驚きが感じられなかったのが残念でした。本格推理小説を映像化するのは、それだけ難しいということでしょうか。

最終更新日 : 2022-10-30

Comment