日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › アニメ更新終了 › キノの旅 › キノの旅 #9
2005-06-23 (Thu) 09:20

キノの旅 #9

今回キノとエルメスが訪れたのは、本の国でした。

この国では、批評家たちが読んでもいい本を選別しているのです。国民が読んでいいのは、読んでもいいとされた危険な思想の書かれていない本だけです。

キノは砂漠を旅する途中で行き倒れている人と出会いました。その人からもらった本を持って、キノは本の国へと訪れました。この国では、持ち込んだ本の数だけ本を借りることができるのです。
キノが持ち込んだ本は、レジスタンスと関わりのある本でした。この本の持ち主は、城への秘密の出入り口を知っていたのです。
その後、キノは偶然城への入り口の鍵を手に入れました。その鍵を使って城に入り込んだキノが見たものは、それぞれの夢の中に生きる人々でした。

今回のお話は、現実と虚構が入り交じっていて、どこまでが現実で、どこからが虚構だったのかがはっきりしません。見ているうちに、見ている自分自身が物語の登場人物ではないかと思えてきました。
本はいろいろなことを教えてくれたり、楽しませてくれたり、時には慰めであったりしますが、あまりのめり込むのは考え物ということでしょうか。

最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可