日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › アニメ更新終了 › プラネテス › プラネテス #10
2005-05-14 (Sat) 01:30

プラネテス #10

今回は、ユーリの過去にまつわるお話でした。

今までスポットライトが当たることのなかったユーリですが、なぜユーリがデブリ屋をやっているのかまで理解できたとてもいいお話でした。

タナベは、前回のお話でハチマキの先生の秘密を知ってしまい、何だか調子が出ない様子です。ハチマキもチェンシンがタナベに好意を持っていると知って、何だかイライラしているみたいです。

以前のお話でユーリだけが休暇の時にいなかったのは、ちゃんと理由があったんですね。有給もとらずに、宇宙に消えてしまった奥さんの思い出の品を必死で探していたんですね。

最後に1つだけ納得がいかなかったのは、最後にユーリが奥さんを弔うために宇宙に造花を放つ場面でした。宇宙のゴミを必死で集めているデブリ屋のすることとはどうしても思えませんでした。フィーがいつもゴミを集めているんだから大目に見るというのも変だと思いました。どんな事情があるにせよ、1つのゴミを容認することは、その他の多くのゴミも容認することにならないのかなあ。

最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可