日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › アニメ更新終了 › 機動戦士ガンダム 水星の魔女 › 機動戦士ガンダム 水星の魔女 #21
2023-06-13 (Tue) 22:32

機動戦士ガンダム 水星の魔女 #21

21話にして、ようやくスレッタが主人公らしくなったことに感動しました!(^^)

議会連合の介入で戦いは終わったけれど、学園は大きな被害を受けていました。精神的に落ち込む生徒もいる中で、スレッタは元気に働いていました。今できることをする、それがスレッタを支えています。
そして前回スレッタに活を入れてくれたペトラは、重傷を負いましたが、まだ生きていました!

そしてミオリネは、失意のうちに地球から帰ってきました。そんなミオリネに追い打ちをかけるように、ペイル社がベネリットグループを解体するために議会連合に働きかけました。そんなミオリネに、グラスレー社のCEOはすべてをグラスレーに押しつけて、ベネリットグループを存続させろと持ちかけます。しかし今のミオリネには、もう誰かを犠牲にすることはできませんでした。

一方、スレッタのところに議会連合の人間がやってきました。何かと思えば、プロスペラの娘であるスレッタに、プロスペラを説得させようと考えたのです。それに対してスレッタは、地球寮のみんながいる前で、自分はプロスペラの娘ではあるけれど、エリーの遺伝子から作られた存在だと打ち明けました。

そしてキャリバーンと呼ばれる機体があることを知ったスレッタは、議会連合の提案を受け入れて、もう一度お母さんやエリクトと話がしたいと考えました。そんなスレッタに、チュチュやニカたち地球寮のみんなが同行すると言い出しました。さらに、前回逃亡したと思ったエラン5号まで現れて、スレッタと一緒に行動することになりました。

その間にも、議会連合の艦隊はプロスペラの行方を探っていました。艦隊はプロスペラの居所を突き止めましたが、真の力を発揮したクワイエットゼロにすべてのシステムを無力化されて殲滅されました。こんな無敵とも思える力を持つ相手に、スレッタの言葉は届くのでしょうか。

最後に驚いたのは、ラウダのミオリネに対する憎しみでした。グエルが父を殺したこと、ペトラが重傷を負ったこと、そのすべての責任はミオリネにあると決めつけました。この展開には、なんでやねん!?(^^;と思いましたが、それだけラウダが精神的に追い込まれていたということなのかな・・・。

最終更新日 : 2023-07-01

Comment

Trackback


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
もう一度自分から進み始める
今日は東京駅ランチへ行って来ました~ 『機動戦士ガンダム 水星の魔女 Season2 』 第21話 今、できることを - What We Can Do Now - ペトラは重症ですが生きていましたね! じゃあ、きっと助かりますよね! ズタズタな学園。 無事だった生徒たちも家に帰ることは許されず重い雰囲気です。 そんな中、自分は動けるからと働くスレッタ。 ペトラに助けられたからかな。... …
2023/06/14 00:08 マイ・シークレット・ガーデン FC2