時々の記録

コンピュータとアニメ感想etc.のブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › 読書 › 読書(その他) › ニューロマンサー/ウィリアム・ギブスン
2022-12-25 (Sun) 22:13

ニューロマンサー/ウィリアム・ギブスン

これまでに何度も挑戦して、その度に挫折してきた「ニューロマンサー」をついに読み終えました!(^^)

腕利きのサイバー・カウボーイだったケイスは、ある仕事に関わったことで制裁を受けて、サイバー空間に入り込む能力を奪われました。それを治療しようと、千葉シティにやって来ましたが、そこでも彼を治療することはできませんでした。

酒や薬に溺れる日々を送っていたケイスでしたが、そんな彼に転機が訪れます。彼を治療する代わりに、ヤバイ仕事に協力しろというのです。依頼を受けたケイスはカウボーイとしての能力を取り戻し、依頼人の正体もわからない仕事に挑むことになります。

ケイスと共に動くのは、人体改造をして殺人マシーンのような女用心棒のモリイ、真の依頼者からケイスたちに指示を与えるアーミテジ、他人に自分の望むヴィジョンをみせるリヴィエラなどなど、一癖も二癖もある人物ばかりです。

前半は、かなりダークな近未来ハードボイルドといった感じでしたが、物語が進むに従って酔っぱらっているかのように、何が何だかわからなくなってきます。(^^;
正直、大きなストーリーの流れは何となくわかったものの、作品の細部については訳がわからない感じでした。

この物語で描かれた世界観は、その後の物語に大きな影響を与えているので、今となっては古さを感じるところもありましたが、発表された時期を考えるとその先進的な描写は凄いと思いました。

最終更新日 : 2023-01-08

Comment