日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › その他 › 映画・テレビ › ドラマ「まんが道」 #1
2022-08-16 (Tue) 22:15

ドラマ「まんが道」 #1

8/10〜8/11にかけて連続放映された、ドラマ版「まんが道」を視聴しました。地震の影響で、全15話のうち9話までが放送されました。10話以降も放映の放映予定は、8/16現在まだ未定です。

この春に亡くなられた、藤子不二雄Ⓐさん原作の作品です。満賀役を竹本孝之さん、才野役を長江健二さんという時点で、イケメンすぎる上に、満賀がメガネをかけてなくて、才野がメガネをしているという、かなり思い切った改変がされています。(^^;

物語は卒業を間近に控えた2人が、漫画家を目指しながらも、生活のために就職を考えているところから始まります。満賀は伯父さんが社長をしている、立山新聞に入社試験に訪れます。そこで重役の似顔絵を描かされるのは原作にもありますが、試験が終わった後に変木さんから新聞に使うカットを渡された満賀は、それを学芸部に持って行くことになりました。

ところが、そこでインクをこぼしてカットがダメになってしまいました。それを満賀が、即興で模写してギリギリに締め切りに間に合わせます。・・・原作を知っていると、かなり無理やりこじつけた展開だと思いましたが^^;、短い時間で満賀の才能を垣間見せるために、こんなエピソードを追加したのかも。

試験を終えて帰ってきた満賀は、才野と会いました。2人とも漫画少年という雑誌に、毎月マンガを投稿していました。しかし、才野の方が当選率が高く、今回も満賀の名前は小さな活字で掲載されていただけでした。

落ち込んでいた満賀でしたが、思わぬサプライズが待っていました。なんと神様のように尊敬している、手塚先生からファンレターの返事が来ていたのです!

細かいところを突っ込むと^^;、この返事の宛先がトキワ荘になっていましたが、原作では手塚先生の実家がある宝塚から送られてきたんだったと思います。

この作品が初放映されたのは1986年でしたが、最初は原作との違いにかなり戸惑いました。それでも、作中に登場するマンガや原稿、2人がマンガを描く姿に最終的には好印象を持ちました。(^^)

いまだに10話以降の放映が決まらないのが気になりますが、このシリーズだけでなく続編となる青春編も、できればこの機会に再放送して欲しいです。

最終更新日 : 2022-10-30

Comment