日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › アニメ更新終了 › 本好きの下剋上 › 本好きの下剋上 #31
2022-05-13 (Fri) 20:22

本好きの下剋上 #31

マインに弟ができるお話でした。

途中で襲撃はあったものの、マインたちは無事に神殿に帰還しました。するとジルヴェスターが、マインの孤児院や工房を見たいと言い出しました。それに神官長も加わり、マインは2人を案内することになりました。

マインの作った本に、神官長は危機感を持ちました。この世界では、基本的に本は手作業で作られていました。それぞれの工程に多くの人たちが関わっていて、もしもマインの製本技術が普及したら、彼らは仕事を奪われることになります。

もしマインがその技術を普及させようと思ったら、さまざまな圧力から身を守るために貴族になる必要があると、あらためて神官長は教えてくれました。しかし、マインは少しでも長く家族と一緒に暮らすことを選びました。

そしてジルヴェスターは、マインにネックレスをプレゼントしてくれました。それは何かの魔法を秘めているらしく、危険な時に使えば、ジルヴェスターに知らせることができるらしいです。マインで遊ぶ困った一面もありますが^^;、基本的にはいい人なんですね。

さらにマインに、うれしい知らせがありました。冬ごもりを終えて、自宅に帰ることが許されたのです。久しぶりにマインが帰宅すると、お母さんが赤ちゃんを出産しました。マインに弟ができたのです!
その子は、カミルと名づけられました。マインがカミルと過ごせる時間は多くありませんが、少しでも多く幸せな時間が過ごせるといいですね。

一方、神殿では再び不穏な動きがありました。身食いの子供を欲しがっている貴族がやって来るようです。マインたちが襲われた時に、身食いが兵として使われたようなセリフもありましたし、その貴族の目的が気になります。

最終更新日 : 2022-05-13

Comment







管理者にだけ表示を許可

Trackback


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第3期 TokyoMX(5/11)#31
第三十一章 青色神官の贈り物と帰宅 結局は馬車の襲撃は貴族の仕業だと考えられた。そして見喰兵が実行犯だと考えられる。フラウたちはマインにお礼を述べる。灰色神官よりも食料を生産する農民が上位。あの場合には灰色神官が見捨てられるのが普通。神殿に戻ったマインに案内役を命じるジルヴェスター。彼はマインのことを詳しく知りたくなった。そこで彼女の業績でもあり行動範囲の孤児院、工房、森を知りたい。孤児院と... …
2022/05/13 21:02 ぬるーくまったりと 3rd