時々の記録

コンピュータとアニメ感想etc.のブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › アニメ(その他) › ヒーラー・ガール #2
2022-04-13 (Wed) 18:28

ヒーラー・ガール #2

新キャラ・ソニアとしのぶが登場するお話でした。

16歳になるかなは、もうすぐヒーラーの仮免試験を受験できます。これで一歩、かなの夢に近づくことになりますが、基本的な医学の勉強と歌の勉強がたいへんそうです。学科よりは歌う実技の方が得意なかなですが、転調が苦手という弱点がありました。

そんなかなの前に、いきなりライバル(?)キャラのソニアが現れました。ソニアは、海外の飛び級精度を利用して、すでにC級ヒーラーの資格を持っています。自分に自信があるソニアは、勝手にかなの師匠の烏丸理彩を敵視しています。

言動はツンツンしているソニアですが、友人のしのぶは温かく彼女を見守っています。しのぶは将来、ヒーラーになることを期待されていましたが、しのぶが本当にやりたかったのは治療用の曲を作曲することでした。それを知ったソニアが背中を押してくれたおかげで、しのぶは自分が本当に望むことができるようになったのです。

そんなソニアとしのぶと一緒の時に、かなは陣痛で苦しんでいる妊婦を見つけました。C級ヒーラーであるソニアは、かなにも協力させて(正規のヒーラーの補助は、見習いでもOKなんだそうです)、妊婦を安心させようとします。ところが、なぜかソニアのヒーリングは上手くいきません。

ピンチのソニアを救ったのは、敵視している烏丸理彩でした。妊婦を相手にしたヒーリングでは、妊婦以外にお腹の子供にも気を配らなければならなかったのです。ソニアは、それを見落としていたのです。

こうして烏丸理彩のおかげで、妊婦は安心して救急車で搬送されていきました。敵視している相手に助けられて、ソニアは悔しそうです。

というわけで、1話と比べるとちょっとクオリティは落ちた感じでした。ソニアが歌う場面で、ソニアと烏丸理彩の圧倒的な歌唱力の違いを感じました。負けん気の強いソニアですが、烏丸理彩と張り合うには、まだまだ経験不足だったようです。(^^;

最終更新日 : 2022-10-30

Comment

Trackback


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
ヒーラー・ガール BS11(4/11)#02
第2話 写真撮っていい?もしくは動画で かなが音声治療師の仮免受験する。クラスメイトに持て囃されて少し浮かれてしまう。玲美と響には、かなが浮かれていた様子が分かる。実技よりも筆記試験が問題。でも例年、筆記で不合格になる受験者は居ない。かなは勉強に自信がない。そして歌唱にも悩みが合った。転調が上手く歌えないのだった。ア・カペラなら大丈夫だが、演奏に引きずられてしまう。玲美と響は問題なく歌える。... …
2022/04/16 18:19 ぬるーくまったりと 3rd