日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › 読書 › 英語多読 › Magic Tree House #48 A Perfect Time for Pandas
2021-11-13 (Sat) 00:09

Magic Tree House #48 A Perfect Time for Pandas


ペニーを救うための冒険も、今回で終わりです。今回はジャックとアニーが、現代の中国でパンダを助けます。

その朝、ジャックとアニーはいつもより寝過ぎて、お父さんに起こされました。今日は学校に行く前に、ペニーを救う最後の冒険をするつもりでしたが、さすがに2人もこれまでの冒険で疲れていたようです。

それでも2人は、朝食のサンドイッチを持って学校に行く前に森に向かいました。そこには、魔法のツリーハウスが2人を待っていました。中に入ると、呪文を解除するために必要な4つめのもののヒントと、目的地の中国の本、そして体を何倍も大きくする薬が用意されていました。

そして2人は、中国へと向かいました。以前に2人は、古代の中国に行ったことがありましたが、今回は現代の中国が目的地でした。そこで謎の手がかりを2人は探しますが、簡単にはそれは見つかりません。そんな中、アニーは今いる街にパンダの保護と研究のための施設があることを知りました。

それを知ったアニーは、ペニーを救うという本来の目的も忘れて、パンダに会うことに夢中になりました。仕方なくジャックも、それに付き合います。2人はレンタルサイクルを借りて、パンダのいるセンターへと向かいました。そこは子供は、大人の付き添いなしでは入ることができません。

どうしてもセンターに入りたい2人は、たまたまそこを訪れていたお婆さんの家族のふりをして、何とかセンターに入ることができました。そこで2人は、赤ちゃんパンダを見学したり、ビンビンというパンダの居場所を掃除したりして楽しい時間を過ごしました。

やがて時間が来て、2人が帰ろうとすると大きな地震が起こりました。幸い2人は難を逃れましたが、アニーはパンダのセンターに被害が出ているのではと心配になりました。しかし、その場から動こうにも周囲は崖崩れや岩などに覆われていて、簡単にはそこから動けそうにありません。

そこで2人は、大きくなる薬を使うことにしました。ところが、アニーが薬を飲もうとした時、余震がきて瓶を落としてしまいました。5倍くらいに大きくなったジャックは、アニーを抱えてパンダのいるセンターを目指します。薬の効果は1時間だけでしたが、なんとか薬の効き目が切れる前に2人はセンターにたどり着きました。

センターは、やはり大きな被害を受けていました。そこで2人は、顔見知りになった職員に声をかけて、施設の復旧を手伝います。2人の役目は、いなくなったパンダを探すことでした。近くの森を探した2人は、そこでビンビンと3頭の子供のパンダを見つけました。

2人がパンダを連れ帰ると、職員は喜びました。お腹をすかせているパンダに、職員は特別な食事を与えました。それはパンダのパンと呼ばれる、パンダのために特別に作られた食べ物でした。そして、それこそが今回ジャックとアニーが探し出さなければならないものでした。

パンダのパンを少し分けてもらい、2人は救助にやって来たヘリコプターで最初に到着した街に戻りました。2人はすぐに、キャメロットへと向かいました。キャメロットでは、テディーとキャサリンが2人の到着を待っていました。テディーとキャサリンに連れられて、2人は石像になったペニーのところに向かいます。

2人が持ってきた4つのものを使って、テディーは呪文を解除しようとします。しかしなぜか、呪文を唱えてもペニーは元に戻りません。ジャックとアニーが持ってきてものを見ながら、テディーはそれぞれが意味することを思い浮かべて、涙を流しました。

すると、ようやくペニーの魔法が解けました。呪文を解くためには、ペニーを助けたいという強い気持ちが必要だったようです。こうしてジャックとアニーは、マーリンとモーガンが帰ってくる前に、なんとかペニーを助けることができました。元の世界に戻った2人は、朝食のサンドイッチを食べて学校へと向かいました。

というわけで、ようやくペニーを救うことができました。・・・が、今回は今ひとつな内容でしたね。(^^;
本来の目的を忘れて、アニーがパンダに会いたがるのも違和感がありましたし、ペニーを石像にしてしまったテディーとキャサリンが何のお咎めもなしだったのが何となく納得できませんでした。

YL 2.6〜3.2
総語数 12,000語

最終更新日 : 2021-11-13

Comment







管理者にだけ表示を許可