日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › その他 › 動画配信 › Apple TV+ ファウンデーション #6
2021-10-31 (Sun) 16:39

Apple TV+ ファウンデーション #6

Apple TV+の「ファウンデーション」第6話を視聴しました。

皇帝は銀河帝国で大きな力を持つ、宗教集団と対面しました。最有力候補の女性は、皇帝がクローンであることに批判的な思想を持っています。彼女は多くの人々に支持されていたので、皇帝はその対抗馬となる女性に力を貸します。そのために皇帝は、帝国の技術協力を約束しました。ところが、儀式が行われた日に、多くの人々の支持を得たのは、皇帝に批判的な女性の方でした。

ターミナスでは、アナクレオンに捕らわれたサルヴァー・ハーディンを、子供たちが助け出しました。アナクレオンが帝国の軍艦を復活させようとしていると知ったサルヴァーは、それを阻止するためにアナクレオンの船を破壊しました。その時にサルヴァーの父が犠牲となりました。

しかしアナクレオンの指揮艦は、帝国の軍艦を復活させることを諦めていません。ヒューゴの持つ宇宙船を使って、サルヴァーたちは宇宙に向かいます。

今回の最大のポイントは、ハリ・セルダンの暗殺はレイチが望んだことではなく、計画の実現のために必要だとセルダンが考えたことでした。セルダンの計画では、脱出ポッドで船を離れるのは、ガールではなくレイチのはずでした。これが、どう計画に影響するのか気になります・・・が、セルダンの心理歴史学って、個人が集団に与える影響ではなく、大きな集団が全体としてどういう行動を取るかを予測するものじゃなかったでしょうか!?(^^;

ターミナスでの戦闘はあまり面白くないですし、セルダンの予測も微妙な感じになってきましたし、だんだん視聴を続けるのが辛くなってきたかも。(^^;

最終更新日 : 2021-10-31

Comment







管理者にだけ表示を許可