日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › 読書 › 英語多読 › Magic Tree House #45 A Crazy Day with Cobras
2021-10-19 (Tue) 00:47

Magic Tree House #45 A Crazy Day with Cobras


石像になってしまったペニーを救うために、ジャックとアニーは呪文の解除に必要なものを探す冒険に出発します。

ジャックがツリーハウスでの冒険を書いたお話は、先生からもその空想力を高く評価されました。それには、絵を描いてくれたアニーの協力もありました。2人が一緒に学校から帰る途中、テディーとキャサリンが現れました。キャメロットで、大事件が起きたのです。

モーガンとマーリンがアヴァロンのお祭りに出かけている間に、テディーとキャサリンはモーガンの図書館に入り込みました。そこで魔法の本を見ていたテディーは、使うことを禁じられている魔法を試しました。それは何かを石に変える魔法でした。そこに運悪く、ペニーが入ってきました。その魔法がペニーに当たって、ペニーは石像になってしまいました!

ペニーはキャメロットの人々、特にマーリンから愛されています。このままでは、2人はキャメロットから追放されてしまうかもしれません。魔法を解除する方法は古代語で書かれていて、簡単には解読できません。テディーとキャサリン8行だけ解読すると、最初に薔薇の形をしたエメラルドが必要なことがわかりました。

テディーとキャサリンが残りを解読している間に、ジャックとアニーがエメラルドの薔薇を探しに行くことになりました。
2人が向かう先は、400年前のムガル帝国です。今回の冒険には現地を解説するリサーチブックの他に、体を小さくすることができる薬も持って出かけました。

魔法のツリーハウスで移動したジャックとアニーは、帝国の支配者シャー・ジャハーンのいる宮殿へと向かいました。その砦は、大勢の兵士に守られています。他国から使者がやって来ているのを知った2人も、フロッグクリークからの使者として君主に謁見することになりました。その時に使者は、君主に贈り物を献上します。

アニーの思いつきで、2人はジャックの書いた本を君主に献上しました。その返礼として、2人は小さなエメラルドの薔薇を手に入れることができました。あっさりミッション完了と思いきや、宮廷で行われたパレードでゾウが暴れているのを見たアニーは、ゾウを助けるために君主をとがめてしまいました。

幸い2人は君主に殺されませんでしたが、その代わりにゾウを連れて行けと命じられました。興奮しているゾウは、2人がなだめても落ち着きません。そして2人は、ゾウの背に乗ったまま森の中に入り込んでしまいました。そこでジャックは、せっかく手に入れたエメラルドを落としてしまったことに気づきました。

それをアニーが発見しましたが、エメラルドの側には恐ろしいコブラがいました。そこはコブラの巣だったのです!
ジャックがコブラについて調べると、彼らは音は聞けませんが、優れた視覚と振動を感知することが出来るとわかりました。さらに彼らの強力な毒は、簡単に人を殺すことができます。

ペニーを救うためには、どうしてもエメラルドの薔薇を持ち帰らねばなりません。そこでジャックとアニーは、体を小さくしてコブラに近づくことを思いつきました。それに加えて、落ち葉でカモフラージュしてコブラの近くに落ちているエメラルドに近づきます。

無事にエメラルドを手に入れたと思いきや、そこにいるコブラは一匹だけではありませんでした。もう一匹のコブラに狙われて、2人は絶体絶命のピンチです。それを救ったのは、2人が助けたゾウでした。そのゾウは森に子供がいるのに、人に捕まってしまったのです。子供の元に帰ろうと、ゾウは暴れていたのです。

ゾウに救われて、元のサイズに戻った2人は今度こそ元の世界に帰ろうとします。そんな2人の前に、兵士たちが現れました。君主が2人に、また会いたいと言うのです。今度こそ殺されるのかと、怯えながら2人は再び宮殿に戻りました。
そこで2人は、静かな場所へと案内されました。そこは君主の妻が葬られている、タージ・マハルでした。

君主シャー・ジャハーンは2人が献上した物語を読んで、亡くなった妻のことを思い出しました。そして愛することの大切さを思い出したのです。それを2人に伝えたくて、シャー・ジャハーンは2人にタージ・マハルをみせてくれたのです。
その話を聞いて、ジャックとアニーも大切なことに気づきました。本当に必要なのはエメラルドの薔薇を手に入れることではなく、愛することの大切さを知ることだったのだと。

こうして冒険を終えた2人は、元の世界に戻りました。ペニーを救うために、次はどんな冒険が2人を待っているのでしょうか!?

テディーは前に魔法で犬になってしまいましたが、その失敗が教訓となってなかったようですね。(^^;

YL 2.6〜3.2
総語数 13,238語

最終更新日 : 2021-10-19

Comment







管理者にだけ表示を許可