日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › 読書 › 英語多読 › Magic Tree House #33 Carnival at Candlelight
2021-08-12 (Thu) 18:54

Magic Tree House #33 Carnival at Candlelight


今回からジャックとアニーが、魔法を教えてもらえる資格があることを示すために、新しい4つのミッションに挑戦します。最初の目的地は、カーニバルが行われているヴェネツィアです。

マジックツリーハウスの夢を見たジャックとアニーが森に向かうと、夢の通りマジックツリーハウスがありました。
そこでテディーとキャサリンと再会した2人は、マーリンから魔法を教えてもらえることになったのを知りました。しかしそのためには、賢明さを証明するために4つのミッションに挑まなければなりません。

このミッションには、テディーとキャサリンは同行することはできません。その代わりに2人は、彼らの知っている魔法を10個書き記したノートをジャックとアニーにプレゼントしてくれました。ジャックたちが向かう最初の目的地は、ヴェネツィアです。

ヴェネツィアに到着した2人は、マーリンの手紙を手がかりに行動を開始します。ラグーンの貴婦人が危機にさらされていて、それを2人が救わなければなりません。そのためには、海の支配者やティエポロという画家、ジャングルの王、金の天使などのキーワードを見つけ出さなければなりません。

これまでのシリーズでは、ジャックとアニーは一直線に目的を達成していましたが、今回は宮殿に入り込んだのを衛士に見つかって牢屋に入れられたりと、なかなか苦労しています。それでも2人は、何とか手がかりを集めて、ヴェネツィアに迫っている危機を知りました。

危機を切り抜けるのに、テディーとキャサリンから渡された魔法が役に立ちました。人々が何も知らずにカーニバルに浮かれ騒いでいる中、ジャックとアニーは翼のあるライオンに乗って海へと向かい、そこでネプチューンの力を借りてヴェネツィアの危機を救いました。

こうしてジャックとアニーは、最初のミッションをクリアしました。しかしあと3つのミッションに挑まなければ、マーリンから魔法を許可されません。次はどんな冒険をすることになるのか、続きが楽しみです。

前4冊のマーリン・ミッションは、キャメロットが舞台ということもあり、何でもありな感じでしたが、今回から舞台が実在の場所になり、いい意味で行動が制約されていて面白かったです。

YL 2.6〜3.2
総語数 10,800語

最終更新日 : 2021-08-12

Comment







管理者にだけ表示を許可