日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › 読書 › 英語多読 › Magic Tree House #32 Winter of the Ice Wizard
2021-08-08 (Sun) 21:00

Magic Tree House #32 Winter of the Ice Wizard


久々のマジックツリーハウス・シリーズです。今回はジャックとアニー、そしてテディーとキャサリンが、マーリンとモーガンを救うために氷の魔法使いのミッションを引き受けます。

冬至の日、マジックツリーハウスでテディーとキャサリンが、ジャックとアニーのいる世界にやって来ました。テディーたちは、マーリンとモーガンを助けを求めるメッセージを持ってきました。それを読んだジャックとアニーは、再びキャメロットへと向かいました。

ジャックたちは、氷の魔法使いが住む氷の宮殿を目指しました。氷の魔法使いと会ったジャックたちは、マーリンとモーガンを助けたければ、ノルン3姉妹との取引で失った左目を取り返せというのです。

ノルンとの契約では、氷の魔法使いは王国を手に入れるはずでした。しかし、それは上手くいきませんでした。その上、氷の魔法使いは親しくしていた妹ともケンカ別れしてしまい、それから彼女とは会っていません。

今回の冒険では、ジャックたちの行動を白銀の狼が監視しています。ジャックたちが目的を達成できなければ、狼たちは彼らを殺してしまうというのです。

ジャックたちは、橇の着いた船で冒険に出発しました。ノルン3姉妹は、見た目はちょっと気味が悪いですが、話のわかる人たちでした。彼女たちは、氷の魔法使いの目を霜の巨人に与えていました。そこでジャックたちは、霜の巨人の元に向かうことにしました。

しかし霜の巨人を目撃すると、その者はすぐに凍って死んでしまいます。ジャックたちは、巨人の姿を見ることなく、目を取り返さなければなりません。さらに冒険の協力者のテディーとキャサリンは、今回の旅には同行できません。ジャックとアニーは、2人だけで巨人の元へと向かいます。

雪に埋もれてピンチに陥ったりもしましたが、ジャックとアニーは何とか目を手に入れました。氷の魔法使いの決めた時間が迫る中、なんとかジャックとアニーは目を氷の魔法使いに届けることができました。

物語はここから、さらに二転三転しますが、それは読んでのお楽しみということで・・・。(^^)

というわけで、キャメロットのミッションはひとまず終了です。次巻からは、また少し違った展開になるようです。
マーリン・ミッションになってから、物語のボリュームが増えて今までよりストーリーが複雑になりました。これはこれで楽しいのですが、以前のようなシンプルな冒険の楽しさも捨てがたい魅力がある気がしました。

YL 2.6〜3.2
総語数 10,876語

最終更新日 : 2021-08-08

Comment







管理者にだけ表示を許可