日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › 読書 › 読書(その他) › ミストボーン(3)/ブランドン・サンダースン
2020-11-24 (Tue) 20:34

ミストボーン(3)/ブランドン・サンダースン


ブランドン・サンダースンさんの「ミストボーン」第3巻を読み終えました。

2巻は後半まで大きな動きがありませんでしたが、3巻はヴィンのエレンドへの思い、エレンドのヴィンへの疑いから始まり、霧の落とし子同士の激しい戦い。11番目の金属の謎、ケルシャーの本当の計画、スカーたちの反乱、そして支配王との対決と、その真実が明かされます。

後半は展開が早くて、ちょっと都合がよすぎると感じた部分もありましたが、最後には物語に散りばめられてきたピースがぴったりと収まり、とても満足できる内容でした。シリーズはこの後も、「ミストスピリット」「ミストクローク」と続いてゆくので、この先も楽しみです!(^^)

最終更新日 : 2020-11-24

Comment







管理者にだけ表示を許可