日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › アニメ更新終了 › 魔王学院の不適合者 › 魔王学院の不適合者 #11
2020-09-13 (Sun) 20:47

魔王学院の不適合者 #11

アノス様応援歌、再びっ!!!(^^;

とことん卑怯な勇者学院を相手に、アノスたちが第2戦を行います。勇者学院は自分たちを強力な結界でおおいます。アノスは湖を蒸発させた魔法を再び放ちますが、それは突如現れたゼシアという少女に阻止されました。

ゼシアが勇者学院の序列1位ですが、話をすることもできず、戦うだけのロボットみたいに無表情です。それに対してアノスたちは、結界内にミーシャが城を築くことになりました。そのために3分が必要でしたが、アノスは攻撃を防いで城の構築に成功しました。

ここからはサーシャとレイの見せ場です。サーシャは、筋肉ムキムキな相手と戦います。最初こそは相手が優勢に見えましたが、サーシャは敵の魔法具を利用した罠を仕掛けて敵を自滅させました。そしてレイは、聖剣を振るうちびっ子と対決します。こちらもレイが相手の聖剣を奪い取り、お仕置きしてあげました。

そしてアノスは、ゼシアとメガネ君と戦います。アノスと戦うために、2人は人間界の住人1,000万人の応援を力に変えました。それに対してアノスは、アノス・ファン・ユニオンの女の子たち8人の応援歌で迎え討ちます。アノス様応援歌の威力は抜群で^^;、8人の応援が1,000万人の応援を上回ります!

追い詰められたメガネ君は、ゼシアを自滅させてその爆発でアノスを倒そうとします。しかし、それもアノスには通じません。ゼシアの根源に触れたアノスは、エレオノールからのメッセージを受け取りました。神殿にいる自分のところまで来て欲しいというのです。

アノスを心配して駆けつけたミーシャが、先行して神殿に入りました。そんなミーシャの前に立ちはだかったのは、勇者学院の教師でした。これは明らかなルール違反ですが、敵は魔族を殺すためなら手段を選びません。その攻撃でミーシャはめった刺しにされますが、アノスが駆けつけて傷を癒やしてくれました。

ミーシャを傷つけた教師から、アノスは背後で彼らを操る存在を聞き出そうとします。殺しては蘇らせて、アノスは教師を尋問します。しかし、彼からは何も聞き出せませんでした。

かっての勇者カノンは、7つの根源を持ち、その1つでも残っていれば、他が破壊されも復活させることができました。自らを犠牲にして人間を守ろうとしたカノンを、アノスは認めていました。しかし今の勇者学院の生徒たちには、その思いのかけらさえありません。

そしてアノスは、ミーシャを抱えてエレオノールの元へと向かいます。アノスの問いかけに、エレオノールは「僕は魔法」だと答えました。・・・全く答えになってない気もしますが^^;、お話は次回へと続きます。

というわけで、前回にも増して勇者学院の卑怯さが際立ったお話でした。でも、アノス様応援歌が再び聴けたのはよかったです!(^^;

最終更新日 : 2020-09-13

Comment







管理者にだけ表示を許可

Trackback


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
魔王学院の不適合者 BS11(9/12)#11
第11話 命の輝き ガイズは最小限でいいよ、自分の力で勝ちたいからね。先ずは勇者の結界を破壊しなければ時間切れで引き分けになる。勇者チームの結界をアノスが攻撃するが序列1位のゼシアが攻撃を破壊する。ミーシャが結界内でお城を立てれば良い、3分で構築できる。そこから全員が入れば良い。その間はアノスがミーシャを守る。アノスを攻撃する序列1位から4位。1位のゼシアは話せず戦闘機械状態で聖剣を振るうだ... …
2020/09/14 01:11 ぬるーくまったりと 3rd