日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › 読書 › マンガ › 火の鳥(14) 別巻/手塚 治虫
2020-09-02 (Wed) 19:02

火の鳥(14) 別巻/手塚 治虫


角川文庫から発売されている、手塚治虫さんの「火の鳥」シリーズに別巻が追加されたと知って読みました。

この巻には、「COM版の望郷編」と「COM版の乱世編」、手塚治虫さんと角川春樹さんの対談、「火の鳥2772」のストーリーボードの一部と対談、「ブラックジャック」の「不死鳥」、ミュージカルとして企画された「火の鳥」の序幕の原稿などが収録されています。

その中でも一番の目玉は、「COM版の望郷編」でした。現在発売されている「望郷編」は、COM連載時には「羽衣編」と深い関わりがあるものでした。しかし「COM版羽衣編」は障害者を差別する内容という批判を受け、「マンガ少年」で「望郷編」が再スタートした時には、新たな構想の元に描かれました。

という経緯を知っていたので、機会があればCOM版を読んでみたいと思っていました。それが角川文庫版「火の鳥」に、今回14巻が追加されたことで、ようやく読むことができました。COM版は掲載誌の都合により、「望郷編」も「乱世編」も未完でしたが、「望郷編」は今までに読んだものと大きく内容が違っていて驚きました。

全体的な内容は、別巻ということもあり、資料的な趣が強かったです。手塚作品や火の鳥のマニア向けですね。(^^;

最終更新日 : 2020-09-02

Comment







管理者にだけ表示を許可