日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › アニメ更新終了 › アルテ › アルテ #8
2020-05-28 (Thu) 20:25

アルテ #8

アルテのヴェネツィアまでの旅の様子と、ヴェネツィアでの新生活が始まるお話でした。

ヴェネツィアに行くことになったアルテは、ヴェロニカにご挨拶です。それで連想したのが、ヴェネツィアには中の人つながりでアリシアさんがいたり・・・はしないでしょうね。(^^;

アルテのヴェネツィア行きを知って、アンジェロやダーチャも驚きます。2人はアルテが、フィレンツェに帰ってこないかと心配していたのです。そんな2人に、アルテは半年だけの約束だと話します。

そして出発の日が来ました。レオはアルテに、自分の描いた祈祷用の絵を渡しました。それでアルテは、レオが自分を手放そうとしていると思い悩みます。ユーリはそれに気づいていましたが、すぐにはアルテに助言しませんでした。

そして旅は、馬車から船へと変わりました。船ではアルテは、バランスを保つことさえ苦労します。しかし船に慣れているユーリや船員たちは、平地にいるのと変わらない様子です。

そんな中、レオのことで悩んでいたアルテは、うっかり船から落ちてしまいました。ユーリとその従者が彼女を助けてくれましたが、濡れた服の着替えまで彼らがしてくれたと知ってアルテは恥ずかしがります。

そしてユーリは、アルテにレオの思いを教えてくれました。レオはアルテを手放したかったのではなく、自分の利点を上手く活用して仕事に役立てて欲しかったのです。それを知って、アルテはようやく安心できました。

そして船は、ヴェネツィアに到着しました。交易で栄える都市だけに、そこには様々な国から人々が集まっていました。アルテはひとまずユーリの家に滞在して、それからユーリの姉と姪のところに向かいました。アルテの前任の家庭教師が、まだ引き払っていなかったのです。

勤め先となる屋敷で、アルテはいきなり貴族らしからぬところをみせました。男でも持ち上げるのに苦労する荷物を、自分で4階まで運び上げると、世話をしにやって来た使用人のダフネと握手しました。

そして、いよいよユーリのお姉さんと姪との顔合わせです。ユーリが言っていたように、お姉さんは本当に美しい人でした。そして姪のカタリーナは、恥ずかしがり屋かと思いきや、それは猫をかぶっていただけで、とってもわがままな女の子でした。

そんなカタリーナを相手に、アルテは家庭教師を無事に務めることができるのでしょうか!?
もっとも、あまり気に入られすぎても、今度はフィレンツェに帰れなくなりそうで心配ですが・・・。(^^;

最終更新日 : 2020-05-28

Comment







管理者にだけ表示を許可

Trackback


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
アルテ TokyoMX(5/23)#08
第8話 新天地 ヴェネツィア行きをヴェロニカに報告する。アルテが居ないと寂しくなるわ。ダーチャの学習はヴェロニカから本を借りる算段をつけておいた。アンジェロは仲間から聞いて駆けつけてきた。戻らないとの誤報が流れていたが半年後に戻ってくる。ダーチャとアンジェロは初めて、手を取られて気絶するダーチャ。レオはアルテを見送る、独立後の仕事の取得に関して考えろと言われる。フィレンツェに戻らなくても良い... …
2020/05/29 22:18 ぬるーくまったりと 3rd