日々の記録

アニメと読書の感想をメインにしたブログです。 ☆ゆるゆるっと更新中です☆

Top Page › アニメ更新終了 › 本好きの下剋上 › 本好きの下剋上 #20
2020-05-17 (Sun) 17:21

本好きの下剋上 #20

ちょっと余裕がないので、簡易感想で。(^^;

ルッツが家族と対立して、家出してしまうお話でした。

家出したルッツは、ベンノのお店の屋根裏で暮らしていました。そんなルッツを、ベンノは養子にしてもいいと考えていました。ルッツのことが心配で、マインは神官長の手伝いにも集中できません。

それを解消するために、神殿に関係者が集められて、神官長が言い分を聞くことになりました。マインもその場にいましたが、魔術具を与えられて神官長以外に声が聞こえないようにされてしまいました。ルッツのことになると、マインはすぐに感情的になりますので、その対策ですね。

神官長はルッツや家族、そしてベンノの言い分を聞きました。その結果、ルッツは家族が本当に自分を心配してくれていることを知りました。一方、家族は商人になりたいというルッツの希望が、決していい加減なものではないと確認しました。

こうしてルッツは、家族と和解しました。ルッツの家族がバラバラにならなかったことで、マインは思わずうれし泣きしてしまいました。そんなマインに、神官長はうろたえるのでした。

そんな神官長が、ルッツたち家族をうらやましそうに見つめていたのが気になります。彼は家族の愛情に恵まれなかったのでしょうか!?

今回は、最終的な落ち着きどころも最初から見えていましたし、エピソードとしては今ひとつな感じでしたね。

最終更新日 : 2020-05-17

Comment







管理者にだけ表示を許可